初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)

差金決済取引(CFD)とは、原資産の値動きをそのまま反映しながらも、(原資産)の現物の受け渡しを一切伴わず、売買価格の差額決済する仕組みを導入している取引です。
CFDは信用取引や株価指数先物取引、商品先物取引、外国為替証拠金取引(FX)などと同様、「買い建て」と「売り建て」の両方の取引が可能であり、その売買価格の差額が損益となります。また、証拠金取引のためレバレッジ効果があり、利益も損失も大きいハイリスク・ハイリターン型の取引となっています。

総合評価
(0)
株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

「差金決済取引(CFD)」を含む記事

「さ」から始まる株用語

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。