初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

移転価格税制

移転価格税制とは、親会社(本社)と海外子会社との取引など、内部で国境を越えた国際取引をしている企業に対し、企業グループ内の取引価格(移転価格)が、通常の取引価格と異なる場合に、通常の取引価格に基づいて所得金額を算出し、適正に課税するための制度をいいます。これは、グローバル企業(多国籍企業)などの適正に課税することをいいます。
なお、昨今では、移転価格のリスクを事前に回避するために、本社・海外子会社等のある双方の税務当局において、移転価格の算定方法などについて事前に確認を得る「事前確認制度(APA)」を採用する企業が増加する一方で、法人税率の低い国や地域の子会社に所得を移して、グループ全体としての税負担を軽くしようとする企業も増えており、企業と国が争うケースも増えています。

総合評価
(0)
株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

「移転価格税制」を含む記事

「い」から始まる株用語

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。