初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

後入先出法

後入先出法とは、後に仕入れた新しい商品から順次販売していったと想定し、期末の棚卸資産を計算する棚卸資産の評価方法です。
国際会計基準では後入先出法は認められていないことから、わが国の企業会計基準でも国際基準や実勢に合わせて2010年4月事業年度から廃止されました。

総合評価
(0)
株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

「あ」から始まる株用語

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。