株の教科書.com

0

新規上場銘柄紹介:PKSHA Technology (パークシャ テクノロジー)

自然言語処理・機械学習・深層学習技術に関わるアルゴリズムソリューションの開発・ライセンス提供というAI(人口知能)関連企業のPKSHA Technology(3993、パークシャテクノロジー)が9月22日、マザーズに新規上場する。東京大学発の最先端AIベンチャーとして産業界の注目度は高い。

大株主、取引先は有力企業がズラリ

大株主、取引先は有力企業がズラリ

ボストン・コンサルティング・グループ出身でグリー(3632)の米国法人立ち上げにも関わった上野山勝也現社長が創業し、日本におけるAI研究の第一人者である松尾豊東京大学大学院特任准教授も技術顧問および株主として名を連ねている。会社設立は2012年と若く、今年6月末現在の従業員数は30名。

複数種類のアルゴリズムを自社開発し、これにAI(人工知能)を備えたものを、顧客企業が保有するソフトウエアやハードウエアに組み込むほか、オリジナルのソフトウエアとして販売している。としては、顧客管理に用いて離反防止や新規客のロイヤル化を図る「セラー」、風景や人物、レントゲンまで、あらゆる画像を解析する「パークシャヴァーティカルビジョン」、コールセンターなどでの音声対話による接客を想定した「べドア」がある。AIを備えるため、データ収集と分析・解析を自動的に行い、データ量の増加に伴ってその精度が向上する機能を持つ。それらの導入先は金融、電力、広告、小売、医療、製造、セキュリティーなど幅広く、NTTドコモ(9437)、電通(4324)、リクルート(6098)、東京電力(9501)が大口取引先。ドコモは伊藤忠(8001)とともに上場前の大株主でもある。

このほかLINE(3938)とは、LINEの法人向けカスタマーサポートサービスのAI領域で協業している。国立研究開発研究法人が主催する「大学発ベンチャー表彰2017」では、文部科学大臣賞を受賞し表彰されている。

業績も大躍進。前2016年年9月期業績は売上高4億5966万円、経常利益1億5775万円、当期利益1億1618万円だったのに対して、今9月期第3四半期(10-6月)業績は、売上高7億464万円、経常利益は3億6793万円と前年通期を大幅に上回って推移している。上場で調達した資金は開発費や人件費のほか、海外販売の準備などに充当する予定。

おわりに

IPOにあたっての想定価格1690円に対し、仮条件価格は1700円から2400円に大きく上振れて設定された。これを受けて訂正目論見書において、公募株式は257万400株から 207万400株に、オーバーアロットメント分は38万5500株から31万1100株へ公開される株式数が削減された。機関投資家の前人気が高く調達資金が膨張するのを防ぐためと見られる。

なお、トヨタ自動車(7203)に対して383,300株を上限に「親引け」を実施することも、訂正目論見書で発表している。親引けとは、証券会社が株券を発行者の指定する販売先へ売りつけること。このトヨタ親引け分も180日間のロックアップがかけられている。トヨタは4%前後を所有する大株主となる。ちなみに、上場前99万株保有し第4位大株主の「SMBC信託銀行信託口」はトヨタ自動車が出資する投資事業組合でもある。

ロックアップは筆頭株主の上野山代表取締役にも180日間がかかっているが、解除条項は設定されていない。

PKSHA Technologyの会社概要・上場要項

企業名 株式会社PKSHA Technology (パークシャ テクノロジー)
証券コード・市場 3993・マザーズ
上場予定日 2017年9月22日
業種 情報・通信業
事業内容 機械学習技術を利用したアルゴリズムの開発、ライセンス提供
本社所在地 東京都文京区本郷2-35-10
社長 上野山勝也
設立 2012年10月16日
決算期 9月末
上場前資本金 2億465万円
発行済み株式数 1327万5400株
筆頭株主(上場前所有比率) 上野山勝也(44.58%)
公募株式数 207万400株
売出株式数 3万1000株
オーバーアロットメント 31万1100株(全てオーバーアロットメント)
ブックビル仮条件 1700円~2400円(9月5日決定)
ブックビル期間 9月6日~9月12日
公開価格決定日 9月13日決定
主幹事証券 SMBC日興
引受証券 SBI、大和、三菱UFJMG、みずほ、いちよし、岩井コスモ、岡三、極東、マネックス
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket