株の教科書.com

0

新規上場銘柄紹介:ニーズウェル

ニーズウェル(3992)が9月20日、JASDA・スタンダードに新規上場する。金融、通信、流通、サービス、公共分野の業務用システム開発を手掛け、アプリケーション開発、ソリューション・ITアウトソーシングサービスを担う。基盤構築、組込系開発に強みを持つ。

金融分野に強み、自動運転関連が拡大中

金融分野に強み、自動運転関連が拡大中

1986年10月に設立され、2017年7月末現在の従業員数は535名。エンドユーザーから直接受託したシステムの構築や、システムインテグレーターやメーカーを経由して受託した開発案件に参画し、基本的に顧客企業に常駐してシステムの開発・保守を実施する。

売上高構成比は9月末実績で、業務系システム開発が約80%を占める主力ビジネス。次いで、基盤構築が約11%、組み込み系開発が約7%。業務系システム開発分野では、金融系システムとして保険会社、銀行、クレジットカード会社向けに実績を持ち、通信系では通信キャリア、流通、サービス分野ではホテル宿泊システム、電子書籍配信、航空宇宙向けでサービスを提供している。基盤構築分野では、証券会社のクラウドサービスも担っている。

組み込み系開発は2013年に事業開発と後発で売上高規模が最も小さいが、開発ニーズは強く「自動車運転における自動操作機器」、「自律走行研究開発分野」「超音波診断機器自体や分析機器搭載」「業務用ビデオカメラの機器操作」における組込みプログラム開発などが近年は拡大している。この結果、大手顧客には、ソフトバンク、DTS、明治安田システム・テクノロジーなどの大手企業が存在する。

今9月期業績は、売上高50億5000万円(前期比10.1%増)、経常利益4億2400万円(同4.6%増)、1株利益は157.51円(前期実績146.94円)と増収増益見込み。配当は1株50円予想。なお、上場に伴う公募増資で調達した資金は、社内基幹システムへの設備投資資金、人材採用費、教育研修費などに充当する予定だ。

おわりに

一般的なシステム開発会社で突出した新規性は見られない。ただ、IPOに当たって市場からの調達資金は約6億4000万円で、大株主にベンチャーキャピタルも存在しないことから、順当な初値形成が見込まれる。

株式会社ニーズウェルの会社概要・上場要項

企業名 株式会社ニーズウェル
証券コード・市場 3992・JASDAQスタンダード
上場予定日 2017年9月20日
業種 情報・通信業
事業内容 コンピーターシステムに関する金融を中心とした業務系ソフトウェアや組込み系ソフトウェアの企画・設計・開発及び保守・運用、ネットワークやサーバーの基幹構築、ソリューションの提供等
本社 東京都新宿区富久町13-15
代表取締役社長 船津浩三
設立 1986年10月1日
決算期 9月末
上場前資本金 2億円
発行済み株式数 194万9000株
筆頭株主(上場前所有比率) 株式会社オーディーシー(公開前47.53%)
公募株式数 20万株
売出株式数 15万株
オーバーアロットメント 5万2500株
ブックビル仮条件 1590円~1670円(8月28日決定)
ブックビル期間 8月30日~9月5日
公開価格決定日 9月6日決定
主幹事証券 みずほ
引受証券 三菱UFJMG、SMBC日興、エース、SBI、マネックス
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket