初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

立花証券

立花証券の評判・口コミと口座開設のメリット

総合評価
3.00
株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

立花証券の概要

立花証券は1953年(昭和28年)から続く証券会社です。創業当初は「石井株式研究所」で、その後「江戸橋証券」を創業、1957年に東証正会員だった「立花証券(1948年創業)」を買収、合併して名称を立花証券に変更しました。

「ストックハウス」というオンライントレードシステムで取引をします。インターネットだけでなく、コールセンター、実店舗でも取引できる、「クイック口座開設」を利用すれば最短3日で開設できるなどサービスの充実ぶりに定評があります。

最近ではスマートフォン版アプリが発表され、より利便性が向上しました。また、信用手数料、現物手数料が無料になるキャンペーンなども実施されているので、よりサービスが充実しています。

ストックハウスでスムーズな取引

立花証券でネットを使って取引をする場合は「ストックハウス」というシステムを利用して取引をします。

現物取引では注文ごとに手数料を支払うプランと一日定額の手数料プランの2種類があります。注文ごとに手数料を支払うプランでは「10万円以下なら86円(税込)」、「10万円超~20万円以下なら108円(税込)」、一日定額手数料プランでは「20万円以下なら216円(税込)」、「20万円超~30万円以下なら324円(税込)」となっています。業界でも最安値クラスなのでその日の投資プランに合わせて積極的に取引に参加できます。

ほかには株価や市場動向などを知れる会社四季報をはじめとする様々なレポートや資料を無料で閲覧できます。四季報を無料で閲覧できる証券会社は意外にもまだ少ないので、四季報目当てで口座開設をする人もいるほどです。

ストックハウスは注文もスムーズにでき、市場の動向を確認しながら取引ができるので投資家からの人気が高いサービスとなっています。取り扱い商品も幅広く、信用取引、現物株式、日経225、くりっく365(東京金融取引所が開設・運営している外国為替証拠金取引)、投信信託などが取引できます。PC版と近い感覚で利用できるスマートフォンアプリもリリースされ、ますます利便性が向上しています。

便利な立花トレードリッチ

立花証券では「立花トレードリッチ」というツールが利用できます。ストックハウス自体も使いやすくなっているのですが、立花トレードリッチではより利便性が向上しています。

板をダブルクリックするだけできるスピード注文や、複数の銘柄を事前に登録しておくことで一括で注文できる「バスケット注文」などが利用できるようになります。

頻繁に取引する人はもちろん、新規に利用をはじめた人も無料でツールを体験することができます。新規で利用する場合はどんなツールなのか、自分に立花トレードリッチの使い勝手が合うのかなどを考えながら無料期間を堪能しましょう。

立花証券でIPO株に挑戦!

投資家からの根強い人気を誇る「IPO株」も立花証券はカバーしています。立花証券の抽選方法は完全平等制なので、抽選に参加すれば誰にでも当選のチャンスがあります。

大手証券会社では口座数も膨大で、抽選方法も取引金額、投資金額によって当選確率が上昇するなどの制度になっていることが多いので、立花証券は穴場になっているといえます。IPO株に挑戦してみたいと考えている人にはおすすめです。

初心者向けのサービスも充実

立花証券はほかのネット証券よりも初心者向けのサービスやキャンペーンが充実しています。

まず最近では珍しい、「電話取引」ができます。別途追加の手数料が必要になりますが、電話で会話しながら取引をすることができるので、市場や株価の動向などを相談しながら商品を購入することができます。ネット環境がまだ十分には整っていない時でも取引できるのも利点です。

ほかにも「ストックプラザ」という立花証券本社でスタッフに相談しながら商品の購入を検討できるサービスもあります。デモ端末で実際の取引の雰囲気を体験することができるのもポイントです。

また、セミナーも随時開催されているので、初心者でも投資についてしっかり学ぶことができます。投資は事前知識が必要となる場面が多く、知識を身につけてない状態で挑戦すると損をしてしまう可能性のほうが高くなりやすいです。立花証券のセミナーでは有名なアナリストや有識者たちからのアドバイスをもらえる機会になります。

立花証券の総評

立花証券は初心者、上級者を問わず満足できる証券会社です。初心者は新規向けのサービス(ツール利用料、取引手数料などの無料キャンペーン)や、電話取引、実店舗での相談をしながらの取引、アナリストや投資家によるセミナーでしっかり知識を身につけながら取引をできるようになります。

上級者にもセミナーや実店舗でのアドバイスや相談、ツールやサイトで情報収集をしながら取引に参加できる、バスケット注文やスピード感のある注文、IPO株への挑戦など色々な利点があります。取り扱っている金融商品も幅広いので、ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)を幅広くしたい人にもおすすめです。

編集部からのおすすめポイント

立花証券のネットトレード事業の愛称は「ストックハウス」。リテラ・クレア証券のインターネット事業を買収したことがオンライントレード進出のきっかけ。ツールの一つである「立花トレードリッチ」は2016年12月に利便性の向上を目的としたリニューアルが実施された。多彩な注文機能のほか、会社四季報最新レポート、市場ランキングなど取引の参考情報が充実。プロディーラー並みの株価、気配値、チャートがリアルタイムで更新される上級者向けツール「ストックハウスExpert」もある。現物株式、信用取引、投資信託のほか、クリック365、日経平均先物・オプションなど一般的金融商品がそろう。IPO(新規公開株)については、人為的な作業が関与しない完全抽選制を採用しファンも多い。ちなみに、経済小説の第一人者である清水一行氏が執筆した経済小説「大物」は、立花証券の創業者で「独眼竜」「最後の相場師」の異名を持つ石井久(故人)がモデルとなっている。

総合評価
(3)

立花証券の口コミ・評判

1 Comment on 立花証券

総合評価
(3)
  • 個別評価
  • 手数料
    (4)
  • 取扱い商品
    (3)
  • サービス
    (3)
  • 取引ツール
    (2)
  • サポート
    (4)
ega 2017/10/24 17:57
  • 意外とIPOの穴場かも

IPO用に立花証券の口座を開設しました。資金が少ない人間には完全抽選はうれしいですね。取引手数料も安めです。問い合わせをしたときのオペレーターの方がとても親切で好印象でした。

口コミを投稿する

*の項目は必須項目です。メールアドレスは表示されません

ユーザー情報

口コミ

総合評価

実際に使用してみての総合的な満足感

個別評価

手数料に対する満足感

商品の多さやわかりやすさ

キャンペーンやオトク情報など

取引ツールやアプリの使いやすさ

問い合わせ対応などの分かりやすさ

画像は最後に選択してください

» 口コミ投稿に関するガイドライン

立花証券の取扱商品

現物株式単元未満株・端株信用取引PTSIPO
--
投資信託公社債投信iDeCoNISAファンドラップ
--
債券米国株式中国株式その他外国株式先物取引
---
オプション取引FXCFD貴金属eワラント
----

立花証券の取引手数料(国内現物株式・税抜)

個別コース

約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
80円240円240円470円900円900円

定額コース

約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
200円300円500円600円3000円-
※以降、約定金額100万円ごとに500円を追加。~80000円

立花証券の取引手数料(信用取引・税抜)

信用取引にかかる費用には、取引手数料のほかに買方/売方金利や品貸料(逆日歩)、貸株料などが発生します。

個別コース

約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
0円175円175円350円350円350円
※1000万円~/0円

定額コース

約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
0円1000円1000円2000円2000円4000円
※以降、約定金額1000万円ごとに4000円を追加

立花証券の取引手数料(先物・OP取引・税抜)

日経225先物日経225miniTOPIX先物ミニTOPIX先物
225円25円--
日経平均VI先物JPX日経インデックス400先物TOPIX Core30先物東証マザーズ指数先物
----
東証REIT指数先物NYダウ先物台湾加権指数先物FTSE中国50先物
----
日経225オプション日経225オプションweeklyTOPIXオプションJPX日経インデックス400オプション
約定代金の0.1%---

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。