初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

SBI証券が一般信用短期売りの返済期限を延長

株の教科書.com編集部

SBI証券は、2018年2月13日(火)19:00以降の注文分より、一般信用短期売りにおける返済期限を、ネット証券の口座開設数上位5社(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の中でも最長となる、5営業日から15営業日に延長しました。

SBI証券は、2015年に一般信用取引サービスを順次充実させ、さまざまな返済期限ラインナップでサービスを提供してきました。当時サービスを開始した一般信用短期売りは、現物の同一銘柄の買いと組み合わせることで株価下落リスクを抑え、株主優待狙いの"つなぎ売り"に利用できることから多くのユーザーに利用されています。

一般信用短期売りの返済期限が5営業日から15営業日に延長されたことにより、すぐに在庫不足になってしまう人気の株主優待銘柄でもいち早く「つなぎ売り」ができ、返済期限である15営業日中に在庫不足が解消することもあり得るため、希望の株主優待を獲得できるチャンスが広がることになりました。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。