初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

楽天証券、信用取引の一般信用取引(無期限)の買方金利と貸株料を引き下げ

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部


楽天証券株式会社は、2019年6月3日約定分より、信用取引のうち、一般信用取引(無期限)における買方金利および貸株料を、それぞれ引き下げたことを発表しました。

楽天証券の提供する四つの信用取引サービス

楽天証券では、個人投資家の方にあらゆる投資戦略にあわせて取引いただくため、制度信用取引と一般信用取引(無期限)、「短期売建」、「いちにち信用」四つの信用取引サービスを提供しています。
このうち、返済期限が最長14日と比較的短く設定されているのが「短期売建」、返済期限が一日のデイトレードに特化したものが「いちにち信用」であり、楽天証券独自の信用取引サービスとなっています。

低コストの取引が魅力の一般信用取引

一般信用取引は、証券金融会社を利用せず株式を調達するため、逆日歩がかからず、コストをおさえて取引することができます。
特に一般信用取引(無期限)は、返済期限を気にすることなく長期的に取引できるだけではなく、新規株式公開(IPO)銘柄を上場初日から買建で取引できるため、投資機会を逃さず取引することもできます。

安くなった一般信用取引(無期限)の買方金利・貸株料をチェック!

このたび、一般信用取引(無期限)の買方金利・貸株料を業界最低水準に引き下げることで、今まで以上にコストをおさえて取引できるようになりました。
引き下げ前後の一般信用取引(無期限)の買方金利・貸株料は、以下のようになります。

一般信用取引(無期限)現状引下げ後
買方金利(年率・通常)3.09%2.80%
買方金利(年率・優遇金利)2.90%2.10%
貸株料(年率)2.00%1.10%

おわりに

自己資金の範囲内での取引となる現物株取引と比べるとリスクの大きい信用取引ですが、その分大きなリターンが期待できます。
今回の手数料引き下げは、楽天証券で信用取引をはじめるよいきっかけと言えそうです。

ニュースリリース:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20190513-01.html
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。