初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

2つのサービスを組み合わせた楽天証券の「ターゲットイヤーラップサービス」

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

さまざまな金融サービスを提供しているネット証券大手の楽天証券は、2018年7月30日から、資産運用会社NNインベストメント・パートナーズ株式会社と共同で、新たな資産形成サービス「ターゲットイヤーラップサービス」の提供をはじめました。

近年注目を集めている「ターゲットイヤーファンド」と「ラップ口座」を組み合わせた独自サービスであるターゲットイヤーラップサービスの仕組みと、その特徴を見てみましょう。

「ラップ口座」と「ターゲットイヤー」を組み合わせた投資一任型サービス

2つのサービスの組み合わせでより効率的な資産運用

「ターゲットイヤーラップサービス」は、ターゲットイヤーファンドとラップ口座を組み合わせた、業界初のターゲットイヤー運用をベースとする投資一任型の運用サービスです。

あらかじめ目標とする運用期間(ターゲットイヤー)を定めた上で、ターゲットイヤーの経過に応じて積極運用から徐々に安定運用に切り替えて運用する「ターゲットイヤー運用」と、実際の資産運用を一任する「ラップ口座」を組み合わせることで、より柔軟な運用を可能としました。

従来のターゲットイヤー型ファンドでは実現できなかった、トレーダーの設定したターゲットイヤーに応じた積極運用型と安定運用型ファンドの組み入れ比率を調整など、トレーダー一人ひとりにカスタマイズした運用を実現。

ニーズやライフイベントの変化に合わせて、運用を継続しながら、運用コースやターゲットイヤーを柔軟な変更にも対応しているのが魅力です。

ターゲットイヤーラップサービス向けの新ファンドを設定

楽天証券が提携するNNインベストメント・パートナーズは、グループ会社の保険事業資産の運用で培ったノウハウを生かして、リスクに配慮した商品設計をベースに専用ファンドの設定と、ターゲットイヤー運用に基づく運用方針の見直しやアセットアロケーション(資金配分)の助言も実施。また、独立系金融アドバイザー(IFA)が、本ラップサービスを提案するときのコンサルティングツールの提供・運営も実施しています。

「ターゲットイヤーラップサービス」の魅力

一人ひとりにカスタマイズした運用プランを提供

>一人ひとりが設定したターゲットイヤーに応じて、トレーダーごとの運用商品の組み入れ比率の調整に対応しています。また、ターゲットイヤー経過後は、安定運用に切り替えることで、さらなる運用益の確保を狙う点も特徴です。

運用中も柔軟にプラン変更が可能

ターゲットイヤーファンドの運用プランを見直しには、それまで運用中のファンドを解約した上で、新たにターゲットイヤーの異なるファンドを購入が必要でした。本ラップサービスではこの点を見直し、運用を継続しながらニーズやライフイベントの変化に合わせた最適な運用プランに変更することができます。

リスクに配慮した商品設計

長期的かつ安定的な運用で実績を持つNNインベストメント・パートナーズが、保険事業資産の運用で培ったノウハウを生かして、本ラップサービスで運用するファンドを新規設定しています。

また、運用者である楽天証券に対しては、ターゲットイヤー運用に基づく運用方針の見直しやアセットアロケーション(資金配分)についての助言を実施しています。

独立資産運用コンサルタント(IFA)をサポートするコンサルティングツールを提供

ヒアリング結果を入力すると、リスク許容度に合わせた推奨プランが瞬時に提示されるコンサルティングツールをIFAに無料で提供します。投資タイプ・ターゲットイヤー・投資額を調整しながら、トレーダーの目標に合わせた細かいコンサルティングが可能となります。

おわりに

ラップ口座やターゲットイヤーなど、さまざまな年齢層を対象とする金融商品が登場していますが、それぞれに一長一短があります。この2つを組み合わせたターゲットイヤーラップサービスの登場は、より手軽な資産運用を実現するためには見逃せないサービスと言えそうです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。