初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

マネックス証券、米国株取引にランキング・ニュース機能追加!

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

マネックス証券の米国株のウェブ取引画面に、スマートフォンアプリでのみ提供されていたランキングリストの「ホットリスト機能」と、銘柄ごとの「ニュース機能」が追加されました。

取引に際して重要な「情報」を、リアルタイムに取得することができるようになる新たな機能の内容がどのようなものかを見てみましょう。

さまざまな条件で絞り込みができる「ホットリスト(ランキング機能)」

60種類以上の条件でランキングを絞り込み

ホットリストは、これまでスマートフォンにのみ実装されていたリアルタイムでの「ランキング」を表示する機能であり、「アクティビティ」から条件を選択するだけで、リアルタイムでランキングリストを作成。

ランキングは期間ごとの値上がり・値下がり幅や出来高の急騰・急落をはじめ、60種類を超える項目で最大100件までの指定に対応しています。

利用には米国プレミアム株価情報の契約が必要

ホットリストを利用するためには、マネックス証券の米国株取引で提供される電子証券取引所(ECN)株価情報をはじめとする取引所・銘柄のリアルタイム株価情報などを提供する有料サービスの「米国プレミアム株価情報(LV2)」の契約が必要となります。

Benzinga Newsと提携したニュース機能(英語)

個別銘柄の情報配信に対応したニュース機能

日本からでは取得の難しい米国株や個別銘柄の情報をサポートするために、Benzinga Newsと提携して最新の情報を配信。市場の大まかな動向や個別銘柄の情報を投資判断に役立てることができます。

翻訳はGoogle翻訳による機械翻訳

配信されるニュースの翻訳にはGoogle翻訳を利用しているため、サービス提供元のベンジンガとマネックス証券が正確性を保証するものではありません。また、GoogleChromeにおいて右クリックの上「日本語に翻訳」を選択すると翻訳できますが、一部誤変換される可能性があることに留意する必要があります。

さまざまな面で魅力的なマネックス証券での米国株取引

マネックス証券の米国株取引の特長

マネックス証券の米国株取引は、3,000を超える対象銘柄がネット証券でも最安水準の手数料5ドルからの取引できるのが魅力。パソコンはもちろん、スマートフォンアプリからでも取引できるので、手軽に取引できる点も見逃せないポイントです。

また、特定口座に対応しているので、確定申告時の損益通算や繰越控除なども手軽にできる点が見逃せません。

米国株取引をはじめるためには二つの口座開設が必要

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」を開設すると利用できます。取引をはじめるためには、外国株取引口座の開設後、外国株取引口座に円資金の移動(資金振替)して、移動した日本円を外貨に交換(為替振替)、もしくは円貨資金の連携指示が必要となります。

まとめ

世界経済の中心地であるアメリカは、主要な株価指数で比較すると、過去10年は主要国の中でも特に好調な国の一つです。

今回追加された二つの機能は、投資先として魅力的なアメリカ株への投資をますます手軽にする見逃せない機能であり、アメリカ株への投資を考えるならマネックス証券は有力な選択肢の一つと言えそうです。

ニュースリリース:https://info.monex.co.jp/news/2018/20181214_01.html
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。