初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

マネックス証券、「投資部門別売買状況」をグラフで提供するサービスをスタート

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

マネックス証券は、2018年10月23日より、主要オンライン証券ではじめて「投資部門別売買状況」と主要株価指数の推移を独自にグラフ化して提供するサービスを開始しました。

主要ネット証券でははじめてとなるこのサービスには、どのような特徴があるのでしょうか。その内容を見てみましょう。

トレンド把握に有効な「投資部門別売買動向」と株価の推移を独自にグラフ化

日本取引所グループが発表する「投資部門別売買動向」

日本市場の売買シェアのうち特に海外投資家は6割~7割程度のシェアを占めており、その動向が株価に与える影響が大きいとされています。投資部門別売買動向ではこの海外投資家の売買動向を把握するときに注目される重要な情報の一つです。

通常であれば、日本取引所グループが最新の投資部門別売買動向を発表するのは、原則として週の第4営業日の15時です。

情報の更新は日本取引所グループの発表から数時間以内

マネックス証券が提供をはじめた投資部門別売買動向のグラフ化では、最新データの更新が、日本取引所グループによる最新データの発表から数時間以内におこなわれます。

主要オンライン証券でははじめてのサービス

「投資部門別売買状況」と株価の推移をほぼリアルタイムでチェックできるのは、ネット証券ではマネックス証券がはじめてのサービスとなります。このサービスを活用することで、相場動向を予測する上でかかる個人投資家の手間や時間を大幅に軽減することが期待できます。

なお、実際の状況の確認は、マネックス証券にログイン後の「投資情報」の「投資部門別売買動状況」から確認することができます。

おわりに

株式投資では、相場の動向をいち早く知ることが安定した取引のためにも欠かせません。投資部門別売買状況をいち早く知れるマネックス証券の新しいサービスは、その点で魅力の大きいサービスとして期待できそうです。

ニュースリリース:https://info.monex.co.jp/news/2018/20181023_01.html
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。