初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

カブドットコム証券、個人投資家向けにプライベート・エイクティ・ファンドの紹介業務を開始

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

カブドットコム証券はHiJoJo Partnersと提携して、2019年7月より、プライベート・エクイティ・ファンドに関する紹介業務を開始することを発表しました。

今回発表されたプライベート・エイクティ・ファンドとはどのようなものであり、投資家にはどのようなメリットがあるのか、その内容を見てみましょう。

プライベート・エクイティ・ファンドとは

プライベート・エクイティ・ファンドとは未公開株式(プライベートエクイティ)を出資という形で取得することで、対象企業への資金供給や経営への関与による企業価値の向上を実現させ、十分に値上がりした段階で売却することで売却益(キャピタルゲイン)の獲得を目指す投資ファンドです。

さまざまな種類があるプライベート・エイクティ・ファンド

プライベート・エイクティ・ファンドには、ベンチャー企業を投資対象とする「ベンチャーキャピタル」や成熟期以降の会社や事業に投資(買収)する「バイアウトファンド」、経営不振企業の再生を支援する「企業再生ファンド(ターンアラウンドファンド)」など、投資対象によりさまざまな種類があります。

米国や欧州ではすでに30年以上の歴史があり、近年ではその社会意義の評価を固めつつあるものです。

HiJoJo Partnersとの紹介業務について

カブドットコムによる照会業務では、カブドットコム証券からHiJoJo Partnertsを紹介して、HiJoJo Partnersが商品等の説明・勧誘を行うという形式でプライベート・エクイティ・ファンドを取引できます。

プライベート・エクイティ・ファンドの商品性と適合性の原則を考慮し、基準を設け公平な判断に基づき、お客さまにご紹介させていただきます。

HiJoJo Partnersの概要

HiJoJo Partnersは外資系証券出身者を中心とした金融市場とITのスペシャリストにより設立されたプライベート・エイクティ・ファンドであり、国内投資家向けに、「ユニコーン企業をはじめとした国内外の優良なミドル、レイトステージにある非上場企業を組み込んだファンド」を販売しています。

まとめ

大手ネット証券の中ではサービスの充実という点で一歩遅れている印象が強かったカブドットコム証券ですが、じぶん銀行との提携強化を皮切りに独自色の強いサービス追加に積極的です。

これまで一部の機関投資家などに限られていたプライベート・エイクティ・ファンドへの投資が個人投資家でもできるようになったことは、カブドットコム証券の魅力を多いに高めるものとして期待できそうです。

ニュースリリース:https://kabu.com/company/pressrelease/20190702_2.html
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。