初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

カブドットコム証券「auで株式割」対象拡大!au IDがあれば誰でも対象に

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

カブドットコム証券株式会社とKDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社は、現物株式手数料割引プラン「auで株式割」の割引対象をこれまでのスマートフォンアプリでの取引から、au ID保有者全員に拡大することを発表しました。

現物株式の取引手数料を自動的に割り引く「auで株式割」の仕組みと、リニューアルされるサービスの内容を見てみましょう。

ID連携で手数料が1%割引になる「auで株式割」

「kabu.com for au」からの注文で手数料を割引

「auで株式割」は、カブドットコム証券が提供するいくつかの手数料割引サービスのうち、「auスマートパス」※1からリリースされたカブドットコム証券の取引アプリ「kabu.com for au」からの注文について、現物株式の売買手数料を一律1%割り引きするサービスです。

2018年8月下旬から適用対象をau ID保有者に拡大

これまでのauで株式割は、auスマートパスから取得したスマートフォンアプリkabu.com for auに限定されていました。2018年8月下旬から対象者を拡大して、au IDを発行済みであれば対象となります。

通常手数料と「auで株式割」の手数料比較

約定代金 通常手数料 auで株式割
10万円 90円 89円
20万円 180円 178円
30万円・50万円 250円 247円
100万円 990円 980円
200万円 1,890円 1,871円
400万円以上 3,690円 3,653円

引用:auで株式割|割引サービス|手数料|株のことならネット証券会社【カブドットコム】
※全て税抜き価格

新たに口座開設をするときも個人情報の入力不要に

また、新規にカブドットコム証券の証券口座をするときに、au IDを発行済みであれば、住所・氏名・年齢といった個人情報はau IDに登録されているものが流用されるので、入力が不要となり、これまでよりもスムーズに口座開設をすることができます。

三菱UFJフィナンシャル・グループとauで進む業務提携

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループとKDDIが設立した株式会社じぶん銀行と2015年12月より、金融商品仲介サービスの業務提携をしています。

2013年6月からカブドットコム証券のソフトウエアサービス提供業者(ASP)提供の第一号案件として、店頭FXシステムをじぶん銀行に提供しています。

さらに、2017年12月からは、パソコンやスマートフォン、スマートフォンアプリなどの申し込みで、じぶん銀行の銀行口座開設とカブドットコム証券の証券口座開設の同時申し込みをはじめるなど、戦略的な業務提携を進めています。

おわりに

このようにauブランドを提供するKDDIグループと三菱UFJフィナンシャル・グループは戦略的な業務提携をすすめることで魅力的なサービスを提供しています。

今回のauで株式割の対象拡大もその一環であり、今後のさらなるサービスの拡充や機能追加が期待できそうです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。