初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ロボアドバイザーTHEO[テオ]、積立設定を見直し。その内容とは?

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

投資一任型のロボアドバイザーTHEO[テオ]とTHEO+[テオプラス]は、2018年11月2日に「THEO積立」の設定を見直したことを発表しました。

より手軽に積立投資がしやすい環境が整えられた今回の見直しはどのようなものなのでしょうか。その内容を見てみましょう。

ロボアドバイザーによる投資一任サービス「THEO」と「THEO+」

個人に最適なポートフォリオを提案するロボアドバイザーTHEO[テオ]

人工知能(AI)搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービスTHEO[テオ]は、年齢や現在の金融資産額などの情報に基づいて、ひとりひとりに最適なポートフォリオを提案するロボアドバイザーです。

最大30種類以上の上場投資信託(ETF)で構成されるポートフォリオの提案・運用はスマホの手続きだけで完了。初期投資に必要な金額は1万円からと少額で、運用報酬も1%(年率・税抜き)と、低コストではじめられるのが魅力。運用者は20代・30代を中心に2018年10月時点で5万7千人を突破するなど、新しい資産運用として注目を集めています。

さまざまなサービスと提携するTHEO+[テオプラス]

THEO[テオ]のサービスをそのままに、さまざまな企業と提携して提供しているサービスがTHEO+[テオプラス]です。提携先サービスのポイントサービスやランク判定の対象となるので、より低い実質コストでサービス利用できるのが最大の魅力。

2018年11月時点では、地方銀行や証券会社を中心に、20ちかい企業と提携したTHEO+[テオプラス]が提供されています。

より柔軟に投資ができるようになったTHEO積立の見直しの内容は

引き落とし日が4つの中から選べるように

従来は毎月5日のみだったTHEO積立の引き落とし日ですが、毎月6日、12日、20日、26日の4つの中から任意の日付を選べるようになりました。

THEO口座への入金が反映されるまでの日数を短縮

また、これまでは口座引き落としからTHEO口座に反映されるまでは5営業日がかかっていましたが、今後は2営業日短縮して口座引き落としからTHEO口座の反映まで3営業日と素早くなりました。

従来設定のままでも継続できる

これまでTHEO積立を利用していた場合、新しいTHEO積立への設定変更もできますが、従来設定のままでも積立を継続できます。

おわりに

助言型から一任型まで、さまざまな内容とサービスがあるロボアドバイザーですが、その手軽から特に一任型は人気を集めています。

一任型の中でも1万円からと比較的少額ではじめられるTHEO[テオ]の積立設定の見直しは、より手軽に投資をはじめて続けるための魅力的な見直しとして期待できそうです。

ニュースリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000018295.html
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。