初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

丸井グループが証券事業に本格参入。注目の「tsumiki証券」の全貌は?

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

2018年5月に発表された丸井グループの証券事業への参入ですが、2018年9月に積み立て投資専門の証券会社「tsumiki証券」として営業をはじめることが発表されました。
これまでの証券会社にはないさまざまな特徴があるtsumiki証券は、どのような資産運用を目指しているのでしょうか。その内容を見てみましょう。

tsumiki証券でできること

投資信託をカード支払いで購入。もちろんポイント付与も

積み立て投資に特化したサービスを提供するtsumiki証券では、つみたてNISAの対象である投資信託4本を、丸井グループの発行するクレジットカード「エポスカード」で購入できます。
投資金額は毎月3,000円から5万円の範囲内で、投資方法はエポスカードの1回払いとなります。また、積立金額や投資期間に応じて、エポスカードのポイントを付与することも発表されています。

対象となるのは4本の投資信託

サービス開始時点で購入できる投資信託は、コモンズ投信とセゾン投信、レオス・キャピタルワークスが手掛ける、4本の投資信託です。全て独立・直販のアクティブファンドですが、長期投資を考えるときには有力な選択肢となる投資信託が厳選されています。

NISA口座の取り扱いは不明瞭

積み立て投資に特化したサービスとするtsumiki証券ですが、リリースでは少額投資非課税制度(NISA)への対応は触れられていません。通常のNISAなら毎月購入金額の上限を購入しても限度額に収まりますが、2018年1月からはじまったつみたてNISAでは限度額を超えてしまうため、その扱いは気になるポイントです。

tsumiki証券で購入できる投資信託とその特徴

コモンズ投信「コモンズ30」

「コモンズ30ファンド」は、投資先は「真のグローバル企業」を中心に約30銘柄を厳選。双方的対話を重視した、企業価値の創造と共有を目指す、「日本株の長期集中投資ファンド」です。

» 長期投資をはじめるなら直販投信のコモンズ投信へ -「コモンズ30ファンド」

セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」

ローコスト・ハイクオリティ運用で定評のある運用会社バンガードのインデックスファンドに投資することで、比較的低コストの分散投資を実現。株式・債券に等分に投資することで、リスクを抑えながら安定したリターンを目指します。

» セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

セゾン投信「セゾン資産形成の達人ファンド」

ファンドが投資対象とする株式市場の規模などを考慮しながら、それぞれの地域に強みを持ち、安全性や長期的な収益力を基準に、選別投資を行うファンドへ投資を行います。国内外の株式への分散投資が基本ですが、有望な投資先がないと判断したときには債券も投資対象に含まれます。

» セゾン資産形成の達人ファンド|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

レオス・キャピタルワークス「ひふみプラス」

ひふみ投信マザーファンドを通じて、国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期投資を目指します。実質的に信託財産の総額の50%までを株式以外への資産で保有できる仕組みにより、柔軟な運用を実現しているのが特徴です。

» ひふみプラス | レオス・キャピタルワークス

おわりに

tsumiki証券では、若年層をメインターゲットとして、10年後に顧客100万人、預かり資産残高1兆円を目指すという目標を掲げています。この目標が実現できるかは定かではありませんが、tsumiki証券がこれまでの証券会社にはないさまざまなサービスを提供していることは確かです。
今後のサービスの充実や取り扱い投資信託の増加なども含めて、丸井グループのtsumiki証券は注目の証券会社と言えそうです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。