初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

カブドットコム証券

カブドットコム証券の評判・口コミと口座開設のメリット

総合評価
3.80
株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

カブドットコム証券の概要

カブドットコム証券はマイクロソフトなどの出資などによって1999年に設立した「日本オンライン証券」と、同年に設立された「イー・ウイング証券」が2001年に合併したことで誕生しました。2006年に三菱UFJフィナンシャル・グループ(当時は三菱東京フィナンシャル・グループ)系の「Me証券」と合併したことで、現在では三菱UFJグループのネット証券会社となっています。

カブドットコム証券は、メガバンクのグループ会社であること、業績が安定していることなどから評価が高いネット専業証券会社です。サービスの充実ぶりは目を見張るものがあり、手数料の安さや自社開発の取引プログラム開発などが注目されています。

特に日中忙しいサラリーマンや少額投資家からの評価が高くなっています。もちろん、大口の投資家やテクニカルな投資がしたい人にもおすすめできる証券会社となっています。

手数料割引プランが豊富

カブドットコムは手数料の安さが注目ポイントのひとつとなっています。現物株式の手数料はシンプルで、10万円までは90円、20万円までは180円、30万円~50万円までは250円、50万円を超えた場合は約定代金×0.09%+90円(上限3690円)が手数料の計算式となっています。この段階でも業界では低水準なのですが、そこに様々な手数料割引プランが適用されます。

カブドットコム証券が展開している手数料割引サービスには、満50歳以上、60歳未満の方は現物取引手数料2%割引、満60歳以上の方なら4%割引される「シニア割引」や、女性なら株式現物取引手数料が1%割引される「女子割引」、カブドットコム証券のカブを保有していると適用される「株主優待制度」、カブドットコム証券に関連のある銘柄のうち、対象となる株を保有していると適用される「株主推進割引」など様々です。

これらは併用することができるので、条件を満たすほどに手数料がどんどん低くなっていきます。例えば50歳以上の女性の場合は「シニア割引」と「女性割引」が適用されるので、通常よりも手数料が3%割引されます。

元々の手数料の安さに加えて、多数展開されている手数料割引サービスも合わせるとカブドットコム証券の手数料は業界でも特に格安といえます。

多彩な注文方法が可能

カブドットコム証券は多彩な注文方法ができることで有名です。日中忙しいサラリーマンの方でも設定しておくで、特定の時間に自動で注文したり、特定の銘柄が一定の株価になったら買いまたは損切りを行ったりなど様々な設定ができます。

カブドットコム証券の代表的な注文方法には、信用取引、先物取引、株式現物取引などを1つのバスケットに登録しておくことでタイムラグなく一括で注文がだせる「バスケット注文」、先に売り注文をセットしておくことで買い注文が約定したときに同時に売り注文がだせる「Uターン注文」、保有しているA社の株が売れたら別のB社の株を購入するようにセットしておける「リレー注文」などがあります。

テクニカルな注文もあり、自分の投資スタイルに合った注文方法を選ぶことができます。ツールやサイトにずっと張りついていなくてもいいので、忙しい方やまだ取引に慣れていない方は積極的に活用していきましょう。

無料で使えるツールが優秀

カブドットコムのツールはシステム開発専門のチームが開発しています。ユーザーからのツールの評価も高くなっています。特に主力となっているツールの「kabu station (kabuステーション)」はプロの投資家の意見を取り入れながらアップデートしてきた歴史があり、かなり高性能です。

「kabu station」はカブドットコム証券が取り扱っているツールのなかでも唯一有料となっています。信用取引口座を開設していれば無料で利用できます。信用取引口座は無料で開設できるので、ツールを利用したい人はとりあえず口座だけでも開設しておきましょう。ほかには「毎月1回以上約定していれば翌月無料で利用できる」、「100万円以上の預かり資産があれば無料」などの条件でも無料になります。

「kabu station」は「発注機能の優秀さ」と「情報収集のしやすさ」が特に注目されています。「発注機能の優秀さ」としては高速で注文ができるうえに、上述の「バスケット注文」などができるため、「kabu station」を利用することでよりいっそう快適に投資をすることができます。

また、「情報収集のしやすさ」としては、「リアルタイム株価予測」というリアルタイムで注文情報などが表示される機能があげられます。「リアルタイム株価予測」は注文情報などのビッグデータから「値上がりランキング」や「値下がりランキング」などが作成されるので、投資する際には大きな判断材料になります。

ほかにも様々なツールがあり、無料で利用することができます。証券会社のなかでも特に充実しているツールを積極的に活用していきましょう。

手数料無料のフリーETF

最近話題の「ETF(Exchange Traded Funds)」もカブドットコムでの運用がおすすめです。ETFは「上場投資信託」とよばれるもので、投資信託が上場(証券会社を通すことで誰でも売買することができる)しているのが一番の特徴です。

通常の投資信託よりも手数料が安い、少額から取引をはじめられる、信用取引(専用の口座を開設することで手持ちの3倍までの資金で取引ができる、「買い」の立場だけでなく「売り」の立場にもなれる)ができるといったメリットがあり、投資になれた中級者や上級者に人気が高くなっています。

デメリットとしては大きな利益をあげにくい、利益をあげても手数料や信託報酬が引かれるなどがありますが、このデメリットのひとつである「手数料」が「無料」となっているのがカブドットコム証券の「フリーETF」です。特定の銘柄に限られますが、その対象銘柄の取引手数料が無料になります。

なかには信託報酬が低く設定されている銘柄もあるので、より利益を出しやすくなっています。ETFが気になっている方や、ETFを利用していてより利益を出したい方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

カブドットコム証券の総評

カブドットコム証券は大手銀行のグループ会社だけあってサービスの充実ぶりが一番のポイントになります。手数料の割引プラン、手数料無料の「フリーETF」、多彩な注文方法、高性能なツールなどユーザーに対しての手厚いサービスが優秀です。

また、三菱UFJ銀行や三井住友銀行への手数料無料で即時反映が可能です。ユーザーへの配慮が随所に見られるカブドットコム証券は、初心者でも上級者、サラリーマンなどの忙しい人も含めて色々な投資家も満足できる証券会社となっています。

編集部からのおすすめポイント

オンライン証券専業で三菱UFJフィナンシャルグループ企業。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事となったIPO銘柄の取扱がほとんどできることがメリット。また、投資信託の品ぞろえが業界トップ水準であることが特徴でもある。さらに。単元未満株(100株や1000株に満たない)を買うことが出る「プチ株」取引をはじめ、「ワンコイン(500円)積立」などの積立型の投資サービスが充実していることでも知られている。カブドットコム証券でも信用口座の開設だけで、「フル板情報」が完全無料になっているほか、株主優待では、一般信用取引で「空売り」ができるなどのサービス充実度が高いとされている。また、独自のQ&Aサイト「教えて!kabu.com」を運用している。このサイトでは、相談したいことを投稿すると担当者のほか、口座を開設しているお客さん同士が相談に応えるなどの、ある種のコミュニティサイトとなっている。携帯電話でも利用できる。

総合評価
(3.8)

カブドットコム証券の口コミ・評判

10 Comments on カブドットコム証券

総合評価
(3.8)
  • 個別評価
  • 手数料
    (3.5)
  • 取扱い商品
    (3.8)
  • サービス
    (3.9)
  • 取引ツール
    (3.7)
  • サポート
    (3.9)
るーず 2017/8/12 08:24
  • 幅広い金融商品が揃う証券会社です。

カブドットコム証券は金融商品が多数あり、海外株式や債券、IPOなど、他では取り扱いのない商品も豊富な三菱東京UFJ系の大手証券会社ですが、今ではあまり利用しなくなりました。理由として、ツールが使いづらいのとチャート画面の見づらさ、それに手数料も他のネット証券に比べ高いといったところです。IPOは取扱数も少なくて抽選には滅多に当たりませんが、他の大手証券よりも利用者が少ないように思います。なので新規公開株を狙っている人にチャンスがあるかもしれません。商品の取扱数も多く他にはないサービスもありますので、大手証券ということで安心もできますし、とりあえずサブ口座で利用しています。

さと 2017/9/07 08:13
  • カブドットコム証券でお得に株主優待

カブドットコムは主に株主優待がほしい時に利用しています。カブドットコムは一般信用での信用取引が可能な銘柄が多く、短期保有で株主優待がほしい方にはぴったりだと思います。もう1つはフリーETFというETFの手数料が無料なところがいいと思います。手数料が出ないだけで、確実にコストパフォーマンスが上がるのでETFの取引きをする時は必ずカブドットコムを利用しています。比較的、株主優待狙いやETFの2つでの利用ですが、カブドットコムではファンド積立が毎月500円からできるので、そちらも始めてみようと思います。

フィラデルフィア 2017/9/02 01:26
  • 手軽に始められ、株主優待が嬉しい

カブドットコム証券の良いところは、手軽に株取引が出来る点にあります。プチ株というサービスがあるため、単元未満株であっても、取り引きができるのです。つまり、通常は数十万円から数百万円の現金が必要な取引を数万円単位で取引できるため、低リスクで株取引を始められるのです。また、カブドットコム証券は株主優待が充実しており、カブドットコム証券の株を保有していると、保有株数と保有期間に応じて現物株式委託手数料が割引されます。これは、株取引をする上で優位性を確保できるため、とても良い優待サービスです。

あおぞらん 2017/8/09 01:46
  • ネット株取引の定番

サービス開始当初に放送されていたテレビコマーシャルを見たのがきっかけでした。以前から株取引に興味を持っていたのですが、ネットで手軽に始められるというのは大きなメリットでした。公式サイトでの詳細な説明や豊富な情報も、初心者の私にはとても役立ちました。スマートフォン専用アプリも使いやすく、外出先でも気軽にリアルタイムで情報をチェックできます。空いた時間に専用アプリの閲覧に夢中になり、他のことに手が付かなくなるのはデメリットかもしれません。

株歴10年 2017/9/07 03:52
  • フリーETFの利用&IPO用です

ここの一番の魅力はフリーETFですね。現物のみならず信用取引も無料なのがいいです。ただ取引があまり活発じゃないので日経連動型と1550、1552くらいです。私がいじるのは。上げ過ぎ、下げ過ぎた時を狙って現物を買うか、空売りを入れると稼げます。普通の株式取引には使いません。50万円までなら手数料が割安ですが、それを超えるとネット証券としては高い。他を使った方がいいです。他にいい点として、ネット証券の中で、IPOが当たりやすい点です。10社くらい証券口座を持っていますが、IPOが当選した経験はこことSMBC日興証券だけです。

梨男 2017/8/19 15:54
  • スマホ操作で愛用しています

今まで他の証券会社さんを使っていた期間もあったのですが、カブドットコムさんはスマートフォンでのツールの操作や取引がとても使いやすく不自由しないのでメインで使用するようになりました。また魅力のひとつとしてユーザーサポートが万全となっておりオフライン、オンラインでのセミナーも充実していますし、投資に役に立つ情報が取得しやすい環境だなと実感できます。売買手数料も他社と比べてもリーズナブルな設定なので気に入ってます。

アセットコイン吉川 2017/8/23 22:52
  • 信用取引するならカブドットコム証券

カブドットコム証券を利用してみて良かった点は、信用取引をするときに投資信託を担保に差し入れることができる点にあります。ほとんどの証券会社では、信用取引をするときには現金もしくは現物の株式しか担保として扱ってくれませんが、この証券会社は投資信託も担保として扱ってくれる点は良い点です。悪かった点は、日本企業の円建て社債を扱っていない点です。個人投資家の多くは株式投資だけを投資対象としているわけではなく、収益機会があれば社債にも投資をします。この証券会社においても、日本企業が発行する円建て社債を取り扱ってもらえるよう前向きに検討してもらいたいと思います。

イャ~オ 2017/8/01 18:11
  • ネット証券の善し悪し

カブドットコム証券はネット証券のパイオニアを自負しているだけあって、手軽に入っていけるし、片手間でも取り引きできる使いやすさとわかりやすさで、大変重宝しております。特に株取引の際は、情報量が、丁度、自分の求めているバランス感覚と内容で、充分満足できます。悪かった点は、自分の求めている取引商品がない事です。ただ、それはバイナリーオプション取引で、ややマニアックなモノなので、別に扱っていなくても大変満足しております。

sprite 2017/8/17 07:45
  • 少額から投資デビューするならカブドットコム

カブドットコム証券は三菱東京UFJファイナンシャルグループのうちの一つの証券会社ですが、ネット証券をメインで取り扱っています。カブドットコム証券の特徴はプチ株というものが存在しています。通常証券取引を始める際には100株単位でしか購入することができないため、投資にかかる費用もある程度まとまったお金が必要です。カブドットコム証券のプチ株であれば1株から購入することができるので、初期投資が低く投資というものの体験ができるのが魅力です。

BOB 2017/8/06 14:07
  • 積み立て投資におすすめ

まずカブドットコム自体UFJ経由なのでそれなりに信用でき、安心して利用できます。また株・FX・投資信託・CFDなど幅広い消費財を取り扱っています。ただし手数料自体は最安値と言えません。SBIなどに比べると普通もしくは若干高めと感じます。プチ株という単元未満で株を買える制度があるのでこれを利用すれば普通なら買えない株が買えます。そういった株を自己資金内で購入できるのはありがたいです。一気に買わずに積み立て投資の手段としても利用できます。また信託は500円から積み立て可能と業界最低水準です。一方で入出金手数料無料の銀行は3つしかないです。

口コミを投稿する

*の項目は必須項目です。メールアドレスは表示されません

ユーザー情報

口コミ

総合評価

実際に使用してみての総合的な満足感

個別評価

手数料に対する満足感

商品の多さやわかりやすさ

キャンペーンやオトク情報など

取引ツールやアプリの使いやすさ

問い合わせ対応などの分かりやすさ

画像は最後に選択してください

» 口コミ投稿に関するガイドライン

むさし証券の取扱商品

現物株式単元未満株・端株信用取引PTSIPO
-
投資信託公社債投信iDeCoNISAファンドラップ
-
債券米国株式中国株式その他外国株式先物取引
---
オプション取引FXCFD貴金属eワラント
---

カブドットコム証券の取引手数料(国内現物株式・税抜)

約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
90円250円250円990円--
※400万円~/3690円

カブドットコム証券の取引手数料(信用取引・税抜)

信用取引にかかる費用には、取引手数料のほかに買方/売方金利や品貸料(逆日歩)、貸株料などが発生します。
約定金額10万円30万円50万円100万円500万円1000万円
90円180円180円760円1200円-
※前1ヵ月の建玉残高、新規建約定代金、半期のプラン適用回数に応じて、ダイヤモンドプラン、プラチナプラン、ゴールドプランのいずれかの優遇プランを適用

カブドットコム証券の取引手数料(先物・オプション取引・税抜)

日経225先物日経225miniTOPIX先物ミニTOPIX先物
300円38円300円38円
日経平均VI先物JPX日経インデックス400先物TOPIX Core30先物東証マザーズ指数先物
300円38円38円40円
東証REIT指数先物NYダウ先物台湾加権指数先物FTSE中国50先物
38円940円--
日経225オプション日経225オプションweeklyTOPIXオプションJPX日経インデックス400オプション
約定代金の0.2%---

カブドットコム証券の取引手数料(その他の取引・税抜)

単元未満株・端株ミニ株米国株式中国株式その他外国株式
約定代金の0.5%----
ラップ口座外国為替証拠金取引(FX)CFD貴金属eワラント
-0円142円(取引所CFD)--

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。