株の教科書.com

0

8/28~9/3の週間展望

北朝鮮問題に続いて米国の連邦債務引き上げに絡む混乱が加わり、日米の株式市場は極度の出来高減少に陥っている。外部環境に劇的な変化がない限り現状の個別株物色が中心の展開が継続しそうだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

8月米雇用統計は1日大引け後

主要統計・経済指標では、1日に8月の米雇用統計の発表があるが、大引け後の発表時間からすると相場への影響絵は週明け。31日に米国の7月個人消費支出が発表される。7月の小売り売り上げは前月比0.6%増と市場予想を大きく上回り、個人消費が加速していることを印象付け、相場にとっては支援材料に働いた経緯がある。日本では29日に7月有効求人倍率が発表される。6月は4カ月連続で上昇し、1974年2月以来の高水準、正社員の有効求人倍率は1.01倍と、調査開始から初めて1倍を上回るなど記録ずくめだった。

物色面でのポイントは前人気が高い、YouTuberのマネジメント会社であるUUUM(3990)の30日IPO。8月9日のトランザス(6696)以来となる3週間ぶりのIPOだ。中小型株物色を刺激するイベントとして、今週のスケジュールのポイントとなる。

相場とは直接関係ないが、英国のメイ首相が安倍政権で初来日。「京都」を訪問する。また、サッカーW杯アジア最終予選で日本が豪州と対戦。勝てば6大会連続の出場が決まるとあって、31日は早帰りのサラリーマンが増えそうだ。開場は埼玉スタジアムでキックオフは19時35分、テレビ放映はテレビ朝日系列。3日の秋篠宮眞子さまの婚約内定発表と記者会見で明るいムードも出る可能性も。

おわりに

8月31日に「大学発ベンチャー表彰2017」表彰式が行われるが、ここに文部科学大臣賞を受賞した上場企業が登場する。9月22日にIPOを控えるPKSHATechnology(3993、パークシャーテクノロジー)で、支援の東京大学とともに表彰される。受賞理由は「数々ある大学の研究室の知恵を結集し、人工知能領域のアルゴリズムサプライヤーとして、大手企業のインフラを活用しながら、各領域のトップ企業へアルゴリズムを提供するなど大企業との連携を元にした急速な成長等が高く評価」された。資金吸収額が50億円超と大型上場ながら人工知能(AI)関連としてストレートな業態が注目されている。

投資カレンダー (8月28日~9月3日)
28日 日ブラジル経済合同委員会(~29日、クリチバ)
欧州議会委員会会議(~31日、ブリュッセル)
中西部太平洋まぐろ類委員会北小委(~31日、韓国・釜山)
全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果公表
テニス全米オープン(ニューヨーク、~10月10日)
ウォンテッドリー、ニーズウェルの仮条件価格発表
決算発表=ダイドーG、ACCESS等
29日 7月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
7月家計調査(8:30)
APEC第3回高級実務者会合(~30日、ベトナム・ホーチミン)
「外食ビジネスウイーク2017」(~31日、ビッグサイト)
決算発表=スリープロ等
30日 米 第2四半期GDP(改定値)発表
英・メイ首相が訪日( ~1日)
7月商業動態統計(8:50)
UUUMがマザーズに新規上場
決算発表=ラクーン等
31日 7月の米個人所得・支出発表(商務省)
中国 8月製造業 PMI(10:00)
インド第1四半期GDP発表
7月の住宅着工統計
7月の鉱工業生産・出荷・在庫指数速報
8月の中国製造業購買担当者指数(PMI)
サッカーW杯アジア最終予選B組―日本×豪(埼玉)
「大学発ベンチャー表彰2017」表彰式
決算発表=パーク24、菱洋エレクトロ等
1日 米 8月雇用統計(21:30)
4-6月期の法人企業統計(財務省)
8月の新車販売台数
防災の日
米 8月ISM 製造業景況指数(23:00)
大安
決算発表=伊藤園、内田洋行等
2日 宝くじの日
3日 秋篠宮眞子様の婚約内定発表と記者会見
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket