株の教科書.com

0

今週(3/20~3/24)の週間展望

3月15日前後のFOMCなどイベントラッシュも、拍子抜けするほどあっさりと通過し、例年通りなら、3月末にかけて上値を試す展開が期待されてくる場面となる。月末割り当ての権利付き最終日(28日)に向けて、配当取りや株主優待権利取りも意識されよう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

期末の権利取りを意識

増配を続ける“配当貴族”銘柄などに注目するのも一法だ。市場では、年度末日経平均2万円での大団円を唱える声が次第に高まってきている。

この時期、米国株については、あまり季節性が芳しくないとされるが、特に懸念することもなさそう。22日に米国で、IS(イスラム国)掃討に向けた多国間閣僚級会合(68カ国)が開催される程度で、これといった注目イベントにも乏しい。

ただし、週4日立ち会いながら、8社に及ぶ新規上場(IPO)が予定されており、これらの価格動向は、市場ムードや目先失速気味の小型株人気の行方に影響してくることになりそう。ラーメン店「一風堂」を展開する、力の源HD(3561・東マ)や、再上場となるマクロミル(3978)などの登場に関心が集まっている。

おわりに

なお、個別では、22日はDMG森精機(6141)の株主総会にも注目。同社関連財団への自己株式譲渡議案について、議決権行使助言会社の賛否の判断が分かれており、30日の片倉工業株主総会(株主提案議案が焦点)への“前哨戦”とも位置付けられる。企業ガバナンスへの関心を呼ぶキッカケともなろうか。

投資カレンダー
3月20日 春分の日
ユーロ圏財務相会合
米シカゴ連銀総裁の講演
3月21日 新規上場、力の源HD、インターネットインフィニティー
2月国内粗鋼生産
EU財務相理事会
米10-12月期経常収支
米フィラデルフィア連銀3月非製造業景況感調査
米決算発表、ナイキ、フェデックス
3月22日 新規上場、マクロミル、フルテック
2月貿易統計
1月全産業活動指数
日銀決定会合議事要旨(1月30・31日開催分)
40年国債入札
決算発表、石井表記
米1月FHFA住宅価格指数
米2月中古住宅販売件数
対イスラム国外相級会合(ワシントン)
3月23日 新規上場、グリーンズ
決算発表、オプトエレク
展示会「ジャパン・ドローン2017」(-25日)
中国版ダボス会議「ボアオ・アジア・フォーラム」
米週間新規失業保険申請件数
米決算発表、マイクロン
米イエレンFRB議長の講演
米ミネアポリス連銀総裁の講演
3月24日 新規上場、オロ、ソレイジア・ファーマ
気象庁3カ月予報
米2月耐久財受注
米シカゴ連銀総裁の講演
3月25日 ローマ条約調印60周年EU特別首脳会議
産油国減産順守監視委会合(-26日)
3月26日 千葉県知事選挙
香港行政長官選挙
欧州夏時間に移行
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket