初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年9月1日】

プロシップ(3763)

東証2部
一時2355円+400円

固定資産・リース管理の会計パッケージを手掛けるプロシップ(3763)が買い気配でスタートしてストップ高で寄り付いた。東証が8月31日、9月7日付で東証1部指定替えを発表したことが手掛かり。指定替えにあたってファイナンスを実施しないことから買いが集まった。同社株は、8月の営業日数、22日中、出来高が1万株を超えたのは4日のみという薄商いの銘柄で1部指定には意外感があった。株価は昨年9月末割り当ての、1対2株の株式分割権利落ち考慮後の上場来高値圏にある。

ヤマトインターナショナル(8127)

東証1部
一時483円+32円

アパレルブランド「クロコダイル」を展開するヤマトインターナショナル(8127)が買い気配でスタートし大幅高。8月31日大引け後に今8月期業績を増額修正したことが好感された。営業利益は3億4000万円から7億円へ減益予想から一転し増益予想に、当期利益は1億5000万円(前期は34億6800万円の赤字)へ黒字転換。同時に11月を持ってコストが上昇していた中国・上海工場の操業停止を発表。特別損失が3億円計上されるが、本業の好調で当期利益でも増益を確保する。

共和工業所(5871)

ジャスダック
一時1100円+77円

建設機械用高強度ボルトの専業大手である共和工業所(5871)が反発。8月31日大引け後に発表した今4月期第1四半期(5-7月)売上高が前年同期比48.6%増。営業利益は3.2倍超の2億9100万円に急拡大したことが買い材料となった。第2四半期営業利益4億2000万円予想、通期予想も据え置かれており、高い進捗(しんちょく)率から増額期待も台頭している。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。