初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年8月31日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

富士フイルムホールディングス(4901)

東証1部
一時4370円 +143円

富士フイルムホールディングス(4901)が買い優勢の展開で、直近高値で上昇してきた。好感材料となったのは昨日30日発表された自己株式の取得、中期経営計画の策定。自己株式の取得では発行済み株式総数の4%近い1600万株、500億円を上限として来年3月30日まで取得を実施するという。中期経営計画では2019年度の営業利益2300億円(過去最高)などを目標として掲げている。

クロスプラス(3320)

東証2部
一時1238円 +93円

婦人アパレルメーカーのクロスプラス(3320)が大幅続伸、年初来高値1243円(6月20日)を視界に捉えてきた。材料となったのは8月30日大引け後に発表された2018年1月期第2四半期および通期の上方修正。中間、期末配当予想をそれぞれ1円(2円→3円)増額することも公表されている。発表された第2四半期営業利益予想は1億5000万円の赤字から一転1億4200万円の黒字へ、通期では10億円から10億5000万円へ修正されている。生産集約に伴う原価低減や仕入れ販売管理の精度向上などが寄与、上期としては9期ぶりの黒字になるという。

ケアネット(2150)

マザーズ
一時1776円 +290円

ケアネット(2150)が一時ストップ高(1786円)と急騰、マザーズ市場で値上がり率トップとなった。医療情報提供の同社、株式の分割を実施することが30日に発表されており、好感された形だ。流動性の向上、投資家層の拡大を目的としたもので、1株を2株の割合をもって分割、基準日は9月30日となる。なお、分割に伴い期末配当予想を10円から6円に修正することも公表されており、実質2円の増配となる(前期実績は8円、分割考慮で4円)。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket