初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年8月30日】

ジューテックホールディングス(3157)

東証2部
1063円+150円ストップ高買い気配

東日本地域に強い建材卸大手のジューテックホールディングス(3157)がストップ高買い気配に貼り付いている。東証が29日大引け後に、ジューテック株式を9月5日付で市場1部に指定替えすると発表したことを好感。指定替えにあたってファイナンスを実視しないことも買い材料として働いた。東証1部となると東証株価指数(TOPIX)算出に組み入れられて機関投資家のパッシブ運用の買いが期待できる。同じく同日に東証2部から1部指定が発表された中本パックス (7811)も前日比345円円高の3370円に買われている。

ダンロップスポーツ(7825)

東証1部
一時1412円+167円

ゴルフクラブ製造で国内トップのダンロップスポーツ(7825)が8連騰。29日大引け後に発行済み株式数の60%を握る親会社の住友ゴム工業 (5110)が、株式交換で完全子会社化することを発表したことが材料。来年1月1日付でダンロップスポーツ1株に対し、住友ゴム0・784株を割り当てる。この交換比率に株価はサヤ寄せした。なお、ダンロップスポーツは今年12月27日付で上場廃止となる見通し。

スリープログループ(2375)

東証2部
一時1075円-83円

営業支援、人材派遣を手掛けるスリープログループ(2375)が前日比33円高の1191円まで買われた後、一転して売られた。29日大引け後に発表した今10月期第3四半期(11-7月)経常利益は前年同期比58・9%増の3億200万円と大幅に伸長。通信キャリアの営業・販売支援が堅調に推移し、昨年9月に買収した技術者派遣企業の収益が寄与した。据え置いた通期経常利益見込み3億1400万円に対する進捗(しんちょく)率は96・2%に達した。しかし、株価は前日までに出来高を膨らませて4日続伸しており、目先の材料だし尽くしとなった。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。