初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年8月1日】

保土谷化学工業(4112)

東証1部
5230円+480円買い気配

保土谷化学工業(4112)が買い気配を切り上げている。7月31日大引け後に発表した今3月期第1四半期(4-6月)営業利益は前年同期比6.9倍の13億300万円と劇的な改善。経常利益も前年同期実績の600万円から13億4100万円となり、営業・経常利益とも据え置かれた通期予想を上回った。有機EL材料事業や色素材料の需要増加が寄与。業績の変化率に意外感が大きい。

東海カーボン(5301)

東証1部
746円+31円

東海カーボン(5301)が買い物先行でスタートした。7月31日大引け後に今12月期業績の増額修正を発表。売上高は30億円上乗せし、営業利益は67億円から85億円、経常利益は78億円から97億円にそれぞれ増額。黒鉛電極の販売量増加、原材料価格の上昇に伴う、カーボンブラックの販売価格上昇、為替が想定より円安だったことが貢献。また、同時に第二四半期末配当、期末配当を2円ずつ増配し、年間配当を8円から12円に引き上げたことも買い材料に。ただ、買い物一巡後は、目先の材料出尽くしと捉えられて、マイナスに転じている。

ソーシャルワイヤー(3929)

マザーズ
一時1977円+308円

ソーシャルワイヤー(3929)が3日不利に急反発し、年初来高値を更新した。7月31日大引け後に発表した今3月期第1四半期(4-6月)営業利益は前年同期比95.6%増益の8700万円となったことを好感。通期の営業利益予想2億7000万円は据え置いたが、高い進捗(しんちょく)率となったことを交換する買いが流入している。ニュースワイヤー、プレスリリース配信代行、メディアクリッピングサービスがそれぞれ堅調に推移。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。