初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年7月27日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

日立国際電気(6756)

東証1部
一時2858円+138円高

日立国際電気(6756)が急反発した。26日大引け後に第1四半期(4-6月)決算を発表、同時に今3月期第2四半期および通期業績予想を増額修正したことが買い手掛材料に。通期売上高は1690億円から1990億円、営業利益は175億円から225億円、当期利益は114億円から145億円と大幅な増額。成膜プロセスソリューションセグメントで、半導体メーカーの設備投資が堅調に推移したため。なお、同社株式はHKEホールディングス合同会社による公開買い付け(買い付け価格2503円)が表明されており、上場廃止となる可能性がある。

沖電線(5815)

東証1部
一時334円+54円

沖電線(5815)が大幅続伸し7月3日の年初来高値284円を更新した。26日大引け後に発表した今3月期第1四半期(4-6月)決算と同時に、今3月期第2四半期および通期業績予想を増額修正したことがサプライズ材料となった。通期売上高は120億円から123億7000万円に、営業利益は6億円から8億円に、経常利益は6億1000万円から8億8000万円に増額された。通期経常利益予想は20%減益予想から一転、15%増益予想に転換した。機器用電線、光ケーブル、ワイヤハーネス、フレキシブル基板が予想以上に好調だったことが増額の理由。また、第2四半期末配当を3円から5円50銭に増額した。

フジオーゼックス(7299)

東証2部
一時560円+76円

エンジンバルブ製造のフジオーゼックス(7299)が買い気配でスタートして大幅高。26日大引け後に発表した今3月期第1四半期(4-6月)決算と同時に、今3月期第2四半期および通期業績予想を増額修正したことを好感。通期営業利益は12億円から14億5000万円に、経常利益は12億円から15億5000万円に引き上げられた。営業利益は前期比84.7%増益に。日系メーカーの中国、米国での高い水準での販売継続、国内では軽自動車、普通車販売の回復が寄与。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket