初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年7月25日】

日本高純度化学(4973)

東証1部
一時2,845円 +269円

貴金属メッキ薬の日本高純度化学(4973)が大幅高となり、連日で年初来高値を更新している。値上がり率は東証1部で一時2位に。材料視されたのは24日大引け後に発表された2018年3月期第1四半期(4-6月)決算。売上高は前年同期比32%増の23億6,000万円、営業利益は同67%増の2億6,500万円と前年同期の大幅減益から大きく改善。第2四半期営業利益計画4億円に対する進捗率は66%に達している。ハイエンドスマートフォンに留まらず、中国向けスマートフォンの旺盛な需要に支えられたメッキ薬品が好調に推移したことなどが業績回復に寄与した。

パルステック工業(6894)

東証2部
一時240円 +50円

電子機器のパルステック工業(6894)が急騰、ストップ高(株価240円)に貼り付いた。上昇率は東証2部で第1位。新東工業(6339・東1)との業務提携が日刊工業新聞で報じられており好感されたようだ。X線測定機能を持たせたショットピーニング(噴射加工の一種)装置を共同開発したという。なお、新東工業は小幅ながら5日続伸。前日に1,200円台乗せを達成し年初来高値を更新していたことで、本日の上昇幅は限定的。

ASJ(2351)

マザーズ
一時2,784円 +451円

ASJ(2351)が2日続伸、マザーズ市場で一時値上がり率トップとなった。ホスティングサービスなどを提供する同社、特許出願を材料に7月11日に3,700円まで買われ、その後調整していたが、24日夕方に発表された決算が素直に好感された。発表された2018年3月期第1四半期は、売上高が前年同期比6.5%増の5億6,000万円、営業利益が前年同期の7,900万円の赤字に対して1,100万円の黒字となった。純利益も400万円へ黒字転換している。既存クラウドサービスの好調に加え、シナジー効果により子会社の収益化が進んだことが利益改善に繋がったという。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。