初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年7月11日】

コジマ(7513)

東証1部

家電量販店のコジマ(7513)が買い気配で始まり大幅高。6月28日の年初来高値323円を更新した。10日大引け後に発表した今8月期第3四半期(9-5月)決算がサプライズとなった。売上高は前年同期比2.1%増、営業利益は同62.3%増の10億3000万円、経常利益は同5.49倍の15億500万円と利益が高変化率。通期経常利益予想23億円は据え置き。ビッグカメラ(3048)との統合効果を最大限に発揮した成果と会社側は解説。直近で売り残が膨らんでおり、買い戻しの動きも強まる。ただし、同時に発表した6月の既存店売上高は前年同月比3.7%減と前年実績を4カ月ぶりに下回った。

メディネット(2370)

マザーズ
一時185円+50円

免疫細胞治療用細胞加工受託などを手掛けるメディネット(2370)が寄り付き直後にストップ高に貼り付いた。10日大引け後に、国立大学法人岡山大等と共同研究を進めていた「抗がん抗原抗体の高感度検査法」の国内特許が設立したと発表したことが手掛かり。血中の抗体を高感度に検出することで、全ての人においてさまざまな抗がん抗原抗体の検出が可能となる特徴がある。今回の国内特許は、中国、シンガポール、台湾に続く特許成立。株価が100円台と低位なことからアクティブな資金を集めた。

スリー・ディー・マトリックス(7777)

ジャスダック
一時787円+21円

バイオベンチャーのスリー・ディー・マトリックス(7777)が急反発のスタート。10日大引け後に広島大学との共同プロジェクト「がん幹細胞および抗がん剤耐性がん細胞に作用する革新的抗腫瘍核酸医薬の開発」が、日本医療研究開発機構(AMED)の「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に採択されたと発表したことが好感された。今回の採択に当たっての助成金は広島大学が受領(じゅりょう)する。事業化にあたって、共同特許の出願も準備中。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。