初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年6月30日】

スター精密(7718)

東証1部
一時1816円+88円

工作機械、小型プリンター,自動旋盤,カードリーダーライター,小型音響部品などを幅広く手掛けるスター精密(7718)が続伸し、東証1部株価上昇率ランキングの上位に登場した。29日大引け後に今2月期第1四半期(3-5月)決算を発表したことが手掛かり、前年同期比22.1%、経常利益は11億6000万円と堂54.5%と高い利益の伸びとなり、据え置かれた会社側の第2四半期経常利益計画の進捗(しんちょく)率は65%に達したことを好感している。CNC自動旋盤は米国で医療関係、国内、欧州、アジアで自動車向けが拡大。国内ではmPOS(レシートプリンター)も好調という。

ナガイレーベン(7447)

東証1部
一時2675円+35円

手術衣、看護服などメディカルウエアの専門企業ナガイレーベン(7447)が海鮮校でスタート。29日大引け後に発表した今8月期第3四半期(9-5月)業績は前年同期比4.4%増収、経常利益は12.4%増益の43億8000万円と好調。据え置かれた通期経常利益51億5000万円(前期比4.3%増)予想に対する進捗(しんちょく)率が好感材料となった。ヘルスケアウエア、手術ウエアの順調な推移に加え患者ウエアが大幅な増加をみているという。類似対象企業とみられるユニホーム通販のユニフォームネクスト(3566)が7月19日マザーズ上場予定のスケジュールに乗っていることも刺激材料のひとつだ。ただ、全体相場の下落の影響を受けて寄り付き語は売りが先行してマイナス圏に沈んでいる。

アズジェント(4288)

ジャスダック
一時4205円+105円

サイバーセキュリティー対策ビジネスを展開するアズジェント(4288)が反落のスタート後に買い直されて、プラス圏に切り返している。29日に同社が販売を手掛ける米コアセキュリティー社の「DAMBALLA CSP」が、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所の学術情報ネットワーク「SINET」のサイバー攻撃検知システムに採用され、7月1日から本格稼働すると発表したことが手掛かり。「SINET」は日本全国の大学、研究機関等が利用しているシステム。アズジェントは、国内唯一のディストリビューターとして、同研究所が連携する各国公立大学や公共機関等に対して「DAMBALLA CSP」シリーズを自動化された機械学習ソリューションとして提案して行く方針。29日の朝方は、カブドットコム証券(8703)がサイバー攻撃を受けて、顧客口座が一定時間つながらないトラブルが生じていた。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。