株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年6月15日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

Hamee(3134)

東証1部
一時1,636円 +288円

スマホアクセサリーのHamee(3134)が大幅反発、東証1部で一時値上がり率1位となった。予想を上回る決算とともに期末配当予想を3.5円から4.5円へ引き上げたことが好感された。発表された2017年4月期決算は前期比30.8%増収、145.5%営業増益と大幅な増収増益で着地。ブランド力向上を背景にした、積極的な新商品のリリースが奏功し、第3四半期決算時に発表された上方修正をさらに大きく上回った。なお、今2018年4月期は9.6%増収、5.0%営業増益を計画している。

第一カッター興業(1716)

ジャスダック
一時1,235円 +165円

工業用ダイヤモンドを使った構造物の切断などを行う第一カッター興業(1716)が急騰。6月1日に付けた高値1,109円を大きく更新し、一時1,200円台を回復した。1,200円台は2015年2月以来の水準。材料となったのは設立50周年の記念配当の実施と記念株主優待の実施を発表したこと。期末配当予想は12円から15円へ増額されており、記念優待として100株以上の保有で2,000円分のクオカードを贈呈するという。これにより優待を含めた実質利回りは3%程度となる。

エニグモ(3665)

マザーズ
一時1,694円 -480円

ファッション通販サイト「BUYMA」などを手掛けるエニグモ(3665)が急反落、マザーズ市場で一時値下がり率トップとなった。背景となったのは14日に発表された2018年1月期第1四半期(2-4月)決算。売上高は前年同期比11.1%増の10億6,600万円と2ケタの増収を達成も、営業利益は同4.8%減の4億700万円と減益に沈んだ。11.2%営業増益との通期計画に対して大きく見劣りする。メディア関連事業で広告出稿が減少したほか、新たに連結子会社となったエニグモコリアの業績も影響したという。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket