初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年5月30日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

古河電気工業(5801)

東証1部
一時4900円+95円

古河電気工業(5801)が3日ぶりに反発。寄り付きも買われて年初来高値に面合わせした。同社が開発中の「超軽量カーボンナノチューブ(CNT)電線の開発」テーマが、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が実施する「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」に採択されたとのニュースリリースを29日に開示したことが手掛かり。CNTはナノ炭素材料の一つとして、電子部品の軽量化や大幅な性能向上に貢献する素材として期待されている物質。CNTが持つ高強度、超軽量、耐環境特性などが生かされれば、電線の軽量化や低損失化が達成されるという。

伊藤ハム米久ホールディングス(2296)

東証1部
一時1060円+28円

伊藤ハム米久ホールディングス(2296)が4日振の反発スタート。29日大引け後に、発行済み株式数(自社株を除く)の0.67%にあたる200万株、取得金額20億円を上限に自社株買いを実施すると発表したことを好感した買いを集めている。自社株買い付け期間は5月30日から来年3月31日まで。3月決算企業は6月の株主総会を意識してか、自社株買いの発表が増加してきている。

任天堂(7974)

東証1部
一時34450円+500円

任天堂(7974)が3日続伸し、東証1部売買代金トップの人気を持続している。みずほ証券が29日に投資判断「買い」継続で目標株価を40,000円から44,000円に引き上げた。また、27日に「Switch」向けに「モンスターハンターダブルクロス」の8月25日発売が発表されたが、29日には同じく「Switch」向け「ドラゴンクエストX」の9月21日発売がリリースされたことが新たな材料。新型ゲーム「Switch」は29日に増産報道が流れるなど、販売好調とされているが、まだ具体的な追加情報が無いことが期待を膨らませている。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket