初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年4月10日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

大阪有機化学鉱業(4187)

東証1部
一時1420円+91円

ストップ高で寄り付く。7日大引け後に今2017年11月期業績と配当を増額修正した。今11月期通期の経常利益は従来予想の23億3000万円から27億9000万円億円に上方修正。従来の10%減益予想から一転して7.6%増益となった。この結果、2期連続で過去最高益を更新する見通し。半導体、液晶ディスプレー向け電子材料の販売が拡大したことが増額要因。また、第2四半期末(5月末)配当を従来計画の9円から14円(前年同期は12円)に大幅増配し年間配当は25円とした。ストップ高の1010円でのPER11倍、PBR0.8倍、配当利回り2.48%と株価指標的にも割安感があり買い優勢の相場展開に入っている。株価4ケタ回復は1月12日以来、約3ヶ月ぶり。昨年高値は12月19日の1154円がある。ストップ高で寄り付いた後に小幅安の場面もあったが、すかさず買いが入っている。

東芝 (6502)

東証1部
一時134円+11円

午前10時現在、東証1部売買代金と出来高の各ランキングで1位。旧村上ファンドの経営陣が創設した投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」が7日付で大量保有報告を発表し持ち株が8.14%から9.84%に引き上げられたことが思惑材料。このほか、赤字事業である国内テレビ事業の売却検討、売却予定の半導体事業について国内複数企業のコンソーシアムでの買収が週末に報道されるなど、思惑材料が次々と出ており、買い戻しが先行している。なお、11日に第3四半期決算報告書の再提出期限を迎えるが、東芝自体からは前週5日以降、IRリリースは何も出ていない。

サイバーステップ(3810)

マザーズ
1067円+150円買い気配

ストップ高買い気配に貼り付く。7日大引け後に今2017年5月期業績を大幅上方修正した。売上高は当初計画比8億8100万円増の27億円、営業利益は同4000万円から3億5000万円(前期は2億8900万円の赤字)、当期利益は同2000万円から2億8000万円(同8億2700万円の赤字)と見込みから14倍に引き上げた。会社側では、オンラインクレーンゲーム「トレバ」が、テレビCMの開始効果で好調、筐体稼働台数を160台から260台に大幅増設した効果が発現したとしている。今年に入り、「サンリオキャラクターが勢揃いする新作スマートフォンゲームの開発」、「乃木坂46メンバーの衛藤美彩さんとリリース前のゲームでコラボ」など積極的な事業施策が目立っていた。過去に役員の不祥事があり、立て直しを推進していただけに意外感が強い。当期利益は2010年5月期の1億9400万円という過去最高益を一気に更新する。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。