株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年4月4日】

ソニー(6758)

東証1部
一時3701円+37円高

前日は5営業日ぶりに反落して、この日も続落でスタートしたものの、すかさずプラス圏に切り返す。主力優良株の中ではひと際、相場付きの強さが光っている。会社側は3日、独のデザインセンターが主催する国際的な賞である「レッドドット・デザイン賞」で、4K有機ELテレビブラビア「A1シリーズ」が最高賞を受賞したと発表した。株価の材料としてはインパクトにかけるものの、為替の円高をマイナス材料としない点が買い安心感につながっており、見直しのきっかけを与えることになった。3月に大和証券は4800円、クレディ・スイス証券とドイツ証券は4300円に目標株を引き上げるなど、証券アナリストの評価も高い。4月28日には決算発表と業績説明会を予定。今期業績拡大への期待感が増しており、海外機関投資家の買いが継続している。

イー・ガーディアン(6050)

東証1部
一時1898円+97円高

3日大引け後に今9月期第2四半期(10月-3月)業績の増額修正を発表。売上高、書く利益を増額し、上期の経常利益は2億9100万円から3億9500万円(前年同期比80%増)に引き上げたことを好感。ゲームサポート事業が既存取引先の件数増加、ソーシャルサポートで大型案件獲得、昨年11月のM&A効果などが寄与。通期業績については据え置かれたが、現状での通期経常利益見込み6億9200万円のクリアすることは、ほぼ確実視される。第2四半期決算発表は5月8日とまだ先だが、好業績を木に評価する買いが先行し始めている。2011年の上場以降、2度の株式分割を実施しているが、1月末高値2072円から調整している1800円近辺の株価は実質、上場来の最高値圏。個人投資家だけでなく、ファンドなど機関投資家も好む銘柄で、市場での注目度が再度高まっている。

ロングライフホールディングス(4355)

ジャスダック
602円+100円

3日連続ストップ高まで買われて張り付いている。3月30日終値342円からの上昇率は76%に達している。3月30日に中国の合弁企業「山東新華錦長生養老運営」が、中国・青島市政府から訪問介護事業を受託したと発表したことが、引き続き材料視されている。この受託事業は生活保護対象の高齢者に訪問介護サービスなどを行うスタッフの業務管理・技術研修を行う。合弁事業では従来、有料老人ホームの運営管理やコンサルタント業務を展開してきたが、訪問介護事業に事業領域が広がったことが好感されている。前10月期は国内ホーム介護、在宅介護事業の利益悪化から2ケタ減益だっため、株価は大きく売り込まれていた。その反動高が今生じているといえる。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket