株の教科書.com

0

東京証券取引所・マザーズ午前相場概況【2016年12月20日】

地政学リスクで円高 IPO銘柄に注目

ロシアの駐トルコ大使狙撃事件を受け、米国債が買われ高配当株が上昇し、NYダウは39ドル高の19,883ドルと反発した。ただ、地政学リスクの台頭で低リスク通貨の円が買われ、東京株式市場はさえないスタートが予想される。海外投資家がクリスマス休暇を取り始め、昨日の東証1部出来高が減少し、値動きの軽いIPO銘柄に短期資金が向かった。昨日ジャスダック市場に新規上場した日本モーゲージサービス(7192)と先週マザーズに新規上場したシンシア(7782)およびMSジャパン(6539)がストップ高となり、本日マザーズ市場に新規公開するリネットジャパン(3556)も注目されそうだ。

東証寄り付き

日経平均は34円安 金融関連と輸出関連がさえず

寄り付きの日経平均は34円安の19,356円。メガバンクが続落、野村HD(8604)が4日続落し、円高警戒観から為替感応度が高い川崎重工(7012)やヤマハ発動機(7272)が安く、トヨタ(7203)もさえない。東証が特設注意市場銘柄の指定を継続すると昨日発表した東芝(6502)が売られている。一方、任天堂(7974)が6営業日ぶりに反発し、買い戻しが先行するSMC(6273)は4日続伸。セブン&アイ(3382)やアステラス製薬(4503)、アサヒグループ(2502)といった内需系が小幅高になっている。

東証10時

日経平均はプラス圏に浮上 ソフトバンクが反発

続落スタートの日経平均は一時プラスゾーンに切り返した。ソフトバンク(9984)が4日ぶりに反発し、塩野義製薬(4507)は米社と戦略的事業提携を行うと19日に発表した塩野義(4507)が上昇。東京エレクトロン(8035)が6日続伸と堅調に推移。反面、メガバンクが寄付きから一段安となり、ロシア関連の三井物産(8031)が売られた。マツダ(7261)など自動車関連も円高が警戒され引き続き軟調と売買代金上位は高安マチマチ。一方、ジャスダック平均は4日続伸で連日の年初来高値更新。IPOの李ネットジャパン(3556)は買い気配で推移。

東証前引け

日経平均は小動き 売買代金細る

日経平均 前日比5.23円安の19,386.37円

TOPIX  前日比3.22ポイント安の1,545.84ポイント

前引けの日経平均は5円安の19,386円。続落で始まった日経平均は一時プラスゾーンに引き戻した後、前日終値を挟んでの小幅な動きに終始している。為替が小動きとなる中、売り一巡後は、前場の東証1部の売買代金が1兆円を割り込むなど日銀の金融政策決定会合の結果発表を控え、様子見ムードが強まった。メガバンクが続落となり、野村HD(8604)は4日続落。為替への警戒からマツダ(7261)など自動車株も軟調。一方、ソフトバンク(9984)が4日ぶりに反発し、SMC(6273)は買戻しにより4日続伸。東証1部の値上り・値下がり銘柄数はほぼ拮抗した。ジャスダック平均は4日続伸、マザーズ指数は5日ぶりに反発。この日IPOのリネットジャパンは買い気配。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket