初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

円高進行でもシカゴ日経平均先物下げ渋り【2017年2月1日】

1月31日のNYダウは107ドル安の19,864ドルと3日続落。トランプ米大統領が「中国や日本は通貨切り下げで優位に立っている」と発言し、一時1ドル112円台前半まで円高が進行した。米国金利が低下し、米国株式市場も悪影響を受けた。シカゴ日経平均先物は大証終値比変わらずの18,980円となり、取引時間中の安値18,820円から戻して取引を終えている。円高やFOMCを控え様子見姿勢が強まりそうだが、日経平均は昨日までの2日間で426円下落し「突っ込み警戒感」も台頭するタイミング。企業業績が好調なことが下支えとなりそうだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は114円安 自動車と銀行の下落率大

寄り付きの日経平均は114円安の18,926円と3日続落のスタート。円高とトランプ大統領の保護主義が警戒され、トヨタ(7203)やキヤノン(7751)、三菱重工(7011)といった輸出関連が安く、丸紅(8002)などの商社株も貿易停滞懸念から売られている。そのほか、メガバンクの下げもきつい。一方、ブイ・テクノロジー(7717)は3日続伸となり、コマツ(6301)とJFE(5411)は逆行高、オリコ(8585)は11期ぶりの復配発表で上昇している。

東証10時

日経平均は22円高 業績底入れ観測が下支え

日経平均は22円高の19,064円。安寄りした後、企業業績底入れ観測により押し目買いが入り、前日比上昇に持ち直した。昨日、通期業績予想の上方修正を発表した三菱自動車(7211)やオムロン(6645)、日東電工(6988)、TDK(6762)、JFE(5411)に買いが入り上昇が目立っている。1ドル=113円台と円高圧力がやや緩和したことを受け、トヨタ(7203)と富士重工(7270)は寄り付きに比べて下げ幅を縮小している。一方、引き続き任天堂(7974)は安く、富士フイルム(4901)は減益決算だったことで売られている。

東証前引け

日経平均は朝安から引き戻す 三菱自動車が人気化

日経平均 前日比0.60円安の19,040.74円

TOPIX  前日比4.00ポイント安の1,517.67ポイント

前引けの日経平均は、前日比ほぼ変わらずの19,040円。1ドル112円台の円高を受け日経平均は安寄りで始まったが、113円台へと円高圧力が一服し、前日水準に引き戻した。業績下方修正の任天堂(7974)が売られ、DeNA(2432)はツレ安。朝高スタートのブイ・テクノロジー(7717)は利益確定の売りに押され値を消し、富士フイルム(4901)は31日発表の2ケタ営業減益決算で一段安。メガバンクも安い。一方、三菱自動車(7211)は31日に通期営業黒字予想に上方修正し大幅高となり、出来高も急増。日東電工(6988)とオムロン(6645)は通期予想の上方修正が好感され高い。ジャスダック平均とマザーズ指数は続落。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。