初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

物色人気は企業再生に 東芝、シャープ、三菱自【2017年1月5日】

4日のNYダウは続伸し、前日比60ドル高の19,942ドルとなったものの、シカゴ日経平均先物は大証終値比5円安の19,625円と足踏み。12月13日、14日開催のFOMC議事要旨が公表され、ドル高が米国景気と物価を抑制する可能性が指摘されていたことが判明し、1ドル=117円台前半の円高に向かったことで、本日の東京株式市場は上値の重さが意識されそうだ。6日に発表される米国12月雇用統計と11日のトランプ米次期大統領の会見を控えて様子見姿勢となる可能性も出ている。

東証寄り付き

日経平均は寄り後に小反落

寄り付きの日経平均は7円高の19,602円のスタート。寄り直後にはマイナス圏に沈んだが押し幅は浅い。トヨタ(7203)、ソニー(6758)、キヤノン(7751)など優良株の一角に裁定解消売りが出て小幅安となり、ファーストリテイリング(9983)も安い。一方、東芝(6502)が反発し、日立(6501)は大和証券がレーティングを新規「2」と発表したことで高い。ソフトバンク(9984)とメガバンクは小幅高。大型株は売り買いが交錯している。東証2部のシャープ(6753)は続伸し、ザラバベースで2014年11月20日、終値ベースでは同年11月18日以来となる300円台に乗せている。

東証10時

TOPIXはプラス圏で推移

日経平均は42円安の19,551円と前日の終値を挟んで軟調な展開。1ドル116円台後半に進んだ円高が嫌気されて、トヨタ(7203)などの自動車株が小幅安となり、東京エレクトロン(8035)やSCREEN(7735)、SUMCO(3436)といった半導体関連株も安い。反面、売買代金トップのソフトバンク(9984)が堅調。塩野義製薬(4507)などの医薬品株は堅調。メガバンクが小幅高を維持し、TOPIXはプラスゾーンで推移している。下落を免れ、第一生命(8750)はモルガン・スタンレーMUFG証券による格上げが好感され高い。

東証前引け

日経平均は49円安 2部と新興市場は堅調

日経平均 前日比49.46円安の19,544.70円

TOPIX  前日比0.57ポイント高の1,555.05ポイント

前引けの日経平均は49円安の19,544円。116円台への円高傾向を受けて先物が軟調。ファーストリテイリング(9983)のほか東京エレクトロン(8035)など半導体関連株、トヨタ(7203)など自動車株が下げ日経平均は反落。資源株と鉄鋼株も下落した。一方、TOPIXは小幅高で、時価総額上位のソフトバンク(9984)やNTT(9432)、キーエンス(6861)、JT(2914)が買われている。東芝(6502)が反発し、メガバンクはもみ合いとなり、タカタ(7312)は上げ幅を縮めた。2部指数とジャスダック平均、マザーズ指数は3日続伸となり、2部市場ではシャープ(6753)が大商いで高く、マザーズではそーせい(4565)やマイネット(3928)が買われている。

東証後場寄り

日経平均は69円安、TOPIXもマイナスに転じる

日経平均は69円安の19,524円と前引け水準から弱含んでのスタート。円高圧力を受け、前場プラスのTOPIXも小幅安で始まっている。円高が懸念され、任天堂(7974)やトヨタ(7203)がさえず、三井住友FG(8316)が小幅安となり、日経平均寄与度の高いファーストリテイリング(9983)は下げ幅を拡大している。一方、ソフトバンク(9984)は堅調で、DeNA(2432)が反発し、小野薬品(4528)など医薬品株も上昇している。シャープ(6753)は引き続き強調展開で始まる。

東証2時

日経平均は90円安 ゼンリンがストップ高

日経平均は90円安の19,503円と下げ幅をやや拡大。スマホゲーム「スーパーマリオラン」の不振が懸念される任天堂(7974)が下げ幅を広げ、フォスター電機(6794)など電子部品株が株価下落率上位となっている。タカタ(7312)は4日ぶりに反落。一方、ソフトバンク(9984)は上げ幅を拡大し、富士通(6702)が高く、時価総額上位では3連騰のキーエンス(6861)が上場来高値を更新している。ゼンリン(9474)は、米半導体メーカーのエヌビディアから高精度地図に関して提携すると発表しストップ高。2部市場ではシャープ(6753)が液晶パネル合弁会社の上場を検討と報じられ上昇している。

東証大引け

日経平均は73円安 TOPIXは3日続伸

大引けの日経平均は73円安の19,520円と反落。円高が警戒され、任天堂(7974)が安く、太陽誘電(6976)などの電機株も売られた。自動車株が小幅安となり、資源株と鉄鋼株も安い。一方、売買代金上位のソフトバンク(9984)ほかNTT(9432)、JT(2914)がインデックス買いで上昇しTOPIXは3日続伸となった。このほか、東芝(6502)が反発し、メガバンクは小幅高、医薬品株も堅調だった。2部指数とマザーズ指数、ジャスダック平均も3日続伸。2部市場ではシャープ(6753)が続騰し東証全体で東芝に次ぐ出来高をこなした。

おわりに

物色人気は企業再生に 東芝、シャープ、三菱自

日経平均 前日比73.47円安の19,520.69円

TOPIX  前日比1.20ポイント高の1,555.68ポイント

買戻しが働く東芝(6502)が反発し東証全体での出来高トップ。これに続くのが昨年11月以来の300円台に復帰した2部のシャープ(6503)。また、三菱自動車(7211)とジャパンディスプレイ(6740)が出来高トップテンに入り、物色人気は「企業・事業再生」が柱となってきた。シャープは1800万株超の買い残を抱えて信用倍率も46倍と決して需給はよくないがそれを跳ねのけての株価爆走モード。騰勢一服で出来高も後退したもののタカタ(7312)を加えれば「再生人気5銘柄」と言える。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket