初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

円高進行を嫌気か【2017年3月27日】

オバマケアの代替案の採決中止の余波が、米国の製作能力の実効性に警戒感を台頭させて為替がドル安・円高に触れている。前週末の米シカゴ日経平均先物は大証比45円安となっており、輸出を中心とする主力大型株には逆風。28日を最終日とする配当、株式分割などの権利取り需要があるものの、国内の機関投資家も年度末を控えて積極的な運用は難しく、日経平均は反落しそうだ。ただ、日経平均19,000円ラインではインデックス買いも流入しやすく、売り一巡後は模様眺めとなるかどうかが注目される。一方、ジャスダック、マザーズなどの新興市場はIPO銘柄を中心に物色意欲が高く、引き続きアクティブな資金はこちらに向かいそうだ。本日は貸し会議室最大手のTKP(3479)がマザーズに新規上場する。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均反落でスタート 主力株が軒並み安

日経平均は前週末比191円安の19,071円と反落のスタート。110円台に入った為替の円高を嫌気してメガバンク、ソフトバンク(9984)、トヨタ(7203)などの主力株は軒並み安でスタートした。寄り付き語の日経平均は下げ幅を200円に広げ19,000円ラインの攻防となっている。ファーストリテイリング(9983)、ファナック(6954)の下げが目立ち、東芝(6502)は寄り付き後に売られている。一方、任天堂(7974)は寄り付き後に買い戻しが先行して高い。連日の高値更新となったルネサス(6723)の上昇も目立つ。ジャスダック平均、マザーズ指数は寄り付き後に軟化している。この日新規上場のTKP(3479)は買い気配で始まっている。

東証10時

日経平均19,000円割れ 円高進行で全面安

日経平均は午前10時前からの円高進行に連動して、先物安からくるインデクス売りが先行。全面安商状に転じて、日経平均の下げ幅は300円を超えて19,000円を割り込んできた。日経平均先物は18,800円台まで軟化している。ソフトバンク(9984)が下げ幅を拡大し、メガバンクジリ安。業種別では保険、不動産、証券の下げが大きく、東証33業種はすべてマイナスに沈んでいる。ダイキン(6367)、東京エレクトロン(8035)が散発高。日経平均の下落にとなって、マザーズ指数も下げを早めている。新規上場のTKPは8540円まで買い気配を切り上げている。

東証前引け

日経平均19,000円割れ 円高嫌い一時330円安

日経平均 前日比291.74円安の18,970.79円

TOPIX  前日比21.08ポイント安の1,522.84ポイント

日経平均は円高を嫌気して、ほぼ全面安と急反落。291円安の18,970円と19,000円割れに沈み、下げ幅は一時330円安に拡大した。日経平均指数寄与度が高いファーストリテイリング(9983)とソフトバンク(9984)の下げがきつく、メガバンクも売られ時価総額上位は全面安商状。なかで、日経225種に採用されていない任天堂(7974)のほか、ダイキン(6367)、大成建設(1801)などが前場プラスゾーンで引けた。前日比プラススタートの東芝(6502)もマイナスに転じたのと対象的に、東証2部のシャープ(6753)はプラス転換してしっかり。この日マザーズに新規上場の貸し会議室最大手のTKP(3479)は、公開価格6,060円の74%高に当たる10,560円の初値を前引け間際に形成。その後は売り買いが交錯している。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket