株の教科書.com

0

NYダウ初の2万ドル乗せ【2017年1月26日】

25日のNYダウは155ドル高の20,068ドルと大幅続伸し、初の2万ドル台乗せとなった。アナリスト予想を上回ったボーイングの決算など企業業績が堅調なほか、大統領令の連発で迅速な政策遂行が期待されたことが米国株を押し上げた。シカゴ日経平均先物は大証終値比140円高の19,210円となり、本日の東京株式市場も買い先行となりそうだ。目先の戻り目途となりそうな日経平均25日移動平均線は19,241円。取引終了後にファナック(6954)とアドバンテスト(6857)が決算を発表する。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は203円高の19,260円 ほぼ全面高

寄り付きの日経平均は203円高の19,260円と続伸の始まり。NYダウ2万ドル突破が好感され、東京株式市場はほぼ全面高でソフトバンク(9984)や三菱UFJFG(8306)など主力大型株、金融株から上昇している。本日決算発表を行うファナック(6954)も好業績期待で物色されている。東京エレクトロン(8035)やジャパンディスプレイ(6740)、SUMCO(3436)も高い。一方、LINE(3938)は大幅反落。

東証10時

日経平均19,300円台まで上昇 ソフトバンクが高値更新

日経平均は一時276円高の19,333円まで上昇し一服している。三菱UFJFG(8306)と野村HD(8604)が前日比4%超の上昇と騰勢を強め金融株全般が高い。東京エレクトロン(8035)はゴールドマン・サックスによる投資判断引き上げで大幅高。ソフトバンク(9984)が昨年来高値を更新とほぼ全面高。新高値銘柄が増加中。一方、セブン&アイ(3382)やユニー・ファミリマート(8028)など小売株の一角が小幅安、決算発表を受けてLINE(3938)前日比11%を超す急落に見舞われている。

東証前引け

金融株リードで日経平均続伸 マザーズ指数は大台回復

日経平均 前日比275.34円高の19,332.84円

TOPIX  前日比19.53ポイント高の1,541.11ポイント

NYダウの20,000ドル大台乗せに刺激を受けて日経平均も前日比275円高の19,332円と大幅続伸。三菱UFJFG(8306)を筆頭に金融株の上昇が目立ち、ソフトバンク(9984)、ファナック(6954)、信越化学(4063)など主力大型株が軒並み高。東証1部新高値は161銘柄と113銘柄からさらに増加した。反面、LINE(3938)の下げがきつく、昨年8月の上場来安値3780円を更新した。任天堂(7974)と東芝(6502)は寄り後に売られて軟調。このほか、2部は日本化学産業(4094)など材料株がにぎわい、ジャスダック平均は7連騰、マザーズ指数は5連騰。マザーズ指数は取引時間中で昨年7月14日(終値ベースで7月6日)となる1,000ポイント大台を回復した。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket