初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

日経平均2万円台で大引け 出来高は減少【2017年6月19日】

2017年6月19日東証相場概況

日経平均はNYダウの上昇と円安を好感して続伸。6月9日以来となる2万円大台で大引けた。フランス議会選挙や日銀の金融政策決定会合などのイベントを通過したことでアク抜け感が台頭し、東証1部の値上がり銘柄数は1400銘柄強、値下がりは500銘柄強と幅広い銘柄に買いが流入した。ただ、東証1部の売買代金は2兆円割れ、出来高は5月30比以来の13億株台に減少した。売買代金トップが続く任天堂(7974)が反発し連日の年初来高値更新。ソフトバンク(9984)も一段高だが、後場は伸び悩む。対象的に寄り付きからジリ高を続けたソニー(6758)の上げ幅拡大が目立つ。KLab(3656)、アイフル(8515)が個別に値を飛ばす。

反面、ファーストリテイリング(9983)やトヨタ(7203)など自動車株が軟調。メガバンクは高安マチマチ。タカタ(7312)はストップ安。

マザーズ指数は5日続伸。アンジェス(4563)が反落したが、ジーエヌアイ(2160)が大商いでストップ高。リミックスポイント(3925)は大引けに掛けて上げ幅を縮めた。ジャスダックではシンバイオ製薬(4582)が後場に入り急騰。マザーズ、ジャスダックともにバイオ関連株人気が強まっている。

注目銘柄動向

KLab(3656)

東証1部
1877円+278円

ゲームソフト開発のKLab(3656)が3連騰。東証1部株価上昇率上位にランクインし年初来高値も更新した。16日にブシロード(未上場)との共同タイトルゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の国内ユーザー数が2100万人を突破したと発表。新タイトルの「キャプテン翼」が好調なほか、「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」の配信接近などが材料視されている。今6月期業績を下方修正して売られたグリー(3632)からの資金シフトも生じている。

野村不動産ホールディングス(3231)

東証1部
2110円-337円

5日ぶりに急反落し、東証1部値下がり率2位。日本郵政(6178)が検討していた同社の買収交渉が白紙との報道から期待が外れて売りが殺到した。日本郵政も軟調。なお、日本郵政による買収報道が出る前の5月12日株価は2028円。失望売りを浴びているが、野村不動産ホールディングスの株価2100円近辺の株価収益率(PER)は9倍、PBRは0.8倍、配当利回りは3.3%と株価的には割安感、出遅れ感がある。

日本サード・パーティ(2488)

ジャスダック
1211円+67円

日本サード・パーティ(2488)が後場に入り、前日比マイナス圏から一気に急騰した。19日の14時に会社側が「日本国内で初めてNVIDIAのトレーニングパートナプログラムに参加し、8月からトレーニングコースの提供を開始するとリリースしたことが手掛かり。同社は昨年11月からNVIDIAのディープ・ラーニング・スーパーコンピューターシステムの保守サポートを手掛けて注目されていた。NVIDIAはトヨタ(7203)がAI技術を採用し協業、ソフトバンク(9984)が資本参加するなどAI(人工知能)関連企業として注目が高まっていた。

主要株価指数

大引け 前日比
日経平均(円) 20,067.75 +124.49
東証株価指数(TOPIX)(ポイント) 1,606.07 +10.03
マザーズ(ポイント) 1,173.13 +25.17
ジャスダック平均(円) 3,245.57 +25.07

ランキング情報

東証1部株価上昇率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(1000株)
1 エス・サイエンス 5721 109 +30 21,923.9
2 KLab 3656 1,877 +278 18,656.4
3 ゼリア新薬工業 4559 1,925 +192 1,020.4
4 ヤーマン 6630 10,540 +940 382.9
5 澤藤電機 6901 556 +45 640.0

東証1部株価下落率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(1000株)
1 タカタ 7312 404 -80 45.2
2 野村不動産HD 3231 2,110 -337 5,275.9
3 エンシュウ 6218 114 -7 5,987.7
4 ジーフット 2686 807 -32 56.1
5 西松屋チェーン 7545 1,178 -44 1,041.1

東証1部売買代金トップ5(売買代金:単位1000円)

順位 銘柄 コード 出来高
1 任天堂 7974 119,044
2 ソフトバンクグループ 9984 63,574
3 ソニー 6758 45,833
4 KLab 3656 34,388
5 トヨタ自動車 7203 31,652

おわりに:バイオ思惑株が久々に浮上

バイオ関連株が前週後半からにわかに動意を強めてきた。特定筋の介入案件としてうわさ話がマーケットに出ていたのがシンバイオ製薬(4582)。「当たり屋」が関与しているとされていた。シンバイオ製薬はガン、血液領域に特化した新薬開発メーカーで他社から新薬候補を導入して開発・製品化することに特徴がある。このほか、会社四季報の夏号が16日に発売されたことで個別株の出掛が増え、物色意欲が高まっている。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket