株の教科書.com

0

日経平均は続伸 ソフトバンクが一段高【2017年5月25日】

2017年5月25日東証相場概況

日経平均は続伸、一時102円高に上げ幅を広げた。日経平均はやや円高の為替水準を嫌気して小安く始まったものの、先物高から買い戻しが強まり切り返した。売買代金トップに立ったソフトバンク(9984)が物色人気をリードして、東京エレクトロン(8035)、日本電産(6594)の値がさ優良株が高い。富士通(6702)、パナソニック(6752)が年初来高値を更新。株価が調整していたコマツ(6301)が上値を慕い、材料株のエムアップ(3661)が出来高を伴って急騰している。

一方、メガバンクは三菱UFJFG(8306)が上昇、みずほFG(8411)、三井住友FG(8316)が軟調と明暗を分けた。トヨタ(7203)、ホンダ(7267)など自動車株が一服。任天堂(7974)は売り買いが交錯して乱高下。前日に人気化した東証2部の堀田丸正(8105)などRIZAP(2928)関連は反動安となった。

マザーズ指数、ジャスダック平均はともに伸び悩み気味だが、個別株物色は高まっている。マザーズではビットコインのリミックスポイント(3825)、ジャスダックではラクオリア製薬(4579)とセキュリティソフトのアズジェント(4288)がそれぞれ人気の中核となった。

注目銘柄動向

ソフトバンクグループ(9984)

東証1部
8843円+331円

ソフトバンクグループ(9984)が一段高に買われて売買代金トップに返り咲いた。前日報じられた米半導体大手でトヨタ(7203)とも提携しているエヌビディアに続き、ブラジルで配車サービスを手掛ける「99」に1億ドル投資と伝えられたことが材料。10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の発足以降、こうしたニュースが前向きに評価され寄り付きから買い物が断続的に流入して久々の値幅効果を発揮した。

リミックスポイント(3825)

マザーズ
445円+62円

リミックスポイント(3825)が急反発。前日は7営業日ぶりに反落したものの、本日はすかさず反発して高値更新。ビットコイン価格が急騰しており、24日には初の1ビットコイン2500ドルに乗せとも伝えられたことで、仮想通貨関連が刺激を受けて上昇。マーチャント・バンカーズ (3121) 、インフォテリア (3853)などとともに買い進まれた。とくにリミックスは株価の値ごろ感が魅力で、22日には子会社ビットポイントジャパンが、日本初のLCC(ローコスト航空会社)であるピーチ・アビエーションと組み、仮想通貨「ビットコイン」を活用した直接決済サービスを今年末までに導入すると発表したばかり。

フライングガーデン(3317)

ジャスダック
1469円+300円

フライングガーデン(3317)の出来高が急増しストップ高。爆弾ハンバーグが看板商品の北関東中心の郊外型レストランチェーン。業績好調で株価にも出遅れ感があったが、具体的な材料は見当たらない。全般相場が個別株物色に傾斜する中で、値動きの軽い銘柄に資金が集中しやすくなっている。

主要株価指数

大引け 前日比
日経平均(円) 19,813.13 +70.15
東証株価指数(TOPIX)(ポイント) 1,578.42 +3.31
マザーズ(ポイント) 1,090.69 +2.59
ジャスダック平均(円) 3,147.44 +0.30

ランキング情報

東証1部株価上昇率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(千株)
1 エムアップ 3661 2,110 +400 7,941.8
2 日本アジアグループ 3751 483 +80 869.8
3 キューブシステム 2335 995 +150 993.5
4 ソルクシーズ 4284 713 +100 97.8
5 日本ライフライン 7575 3,735 +440 2,130.0

東証1部株価下落率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(千株)
1 TSIホールディングス 3608 730 -49 558.5
2 ジーンズメイト 7448 368 -24 728.6
3 オカダアイヨン 6294 1,384 -76 95.9
4 RS Techno 3445 8,840 -470 93.0
5 トランザクション 7818 1,071 -54 233.0

東証1部売買代金トップ5(売買代金:単位千円)

順位 銘柄 コード 出来高
1 ソフトバンクグループ 9984 116,588
2 任天堂 7974 81,314
3 三菱UFJFG 8306 34,743
4 東芝 6502 25,989
5 トヨタ自動車 7203 23,144

おわりに:材料に反応する個別物色

25日の東証1部株価上昇率ランキング上位5銘柄の材料は「乃木坂公式アプリ」「フィンテック・ビットコイン」「証券会社レーティング・増配」「自社株買い」「バイオ」と比較的わかりやすい手掛かりをもとに株価が上昇している。通常は、こうした個別株物色の地合いは良好と判断することができる。6月15日上場予定のビーブレイクシステム(3986)の仮条件価格が本日発表されて、いよいよIPOスケジュールが再開する。ソフトバンク(9984)に一気に資金が集まれば大型株に資金シフトということになるだろうが、目先的にはまだその心配はなさそうだ。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket