株の教科書.com

0

日経平均4日ぶり一服 ソニーが4000円台【2017年5月9日】

2017年5月9日東証相場概況

日経平均は2015年12月2日以来となる20,000円大台乗せを目前に失速、4日続伸で寄付いたものの前日のザラ場高値19,929円には届かず利益確定売りに沈んだ。ここに来ての3連騰、また4月17日の年初来安値18,224円からの切り返しも1700円幅に達しており短期的な過熱感が台頭している。三菱UFJFG(8306)などのメガバンクや東京エレクトロン(8035)、ソフトバンク(9984)が反落。113円台に円安が進んだものの、SUBARU(7270)など自動車株もマイナスに転じた。ただ、日経平均の押しは浅く、押し目買いニーズも強い。ソニー(6758)が2008年9月以来の4000円乗せたほか、キヤノン(7751)、JR西日本(9021)も連日の年初来高値更新。東証が求めた15日までに決算発表の方針と伝えられた東芝(6502)は買い戻されて反発。東京電力(9501)も4日続伸と買い進まれた。東証1部の出来高は17億株台と前日の24億株から大きく減少した。

マザーズ指数とジャスダック平均は伸び悩んだものの連騰。ただ、ジャスダックのケアサービス(2425)、アエリア(3758)、マザーズのソレイジア・ファーマ(4597)など先駆した銘柄は、利益確定売りを浴びて安い。

注目銘柄動向

ソニー(6758)

東証1部
4024円+35円

ソニー(6758)が2008年9月以来、9年ぶりとなる4000円乗せ。リーマン・ショック直前の株価水準を取り戻してきた。金融事業に続き、ゲーム、半導体事行が好調で今期は大きなリストラ、減損による収益圧迫要因も見当たらないことから、業績成長への期待感は大きい。朝方の買い物一巡後は売りに押されているものの、28日の決算発表以降は押し目買いニーズが膨らみ一段と出来高も増加基調にある。8日には自前主義を捨てて有機ELテレビへの再参入を発表しているが、株価への直接的なインパクトではない。

マネーパートナーズグループ(8732)

東証1部
580円+78円

マネーパートナーズグループ(8732)が一時ストップ高に急騰。一部で仮想通貨ビットコインの価格が上昇を続けていることが思惑材料に働いている。ビットコイン情報サイトであるコインデスクによると、ビットコインの価格は3日朝の取引で1400ドル台半ばだったのか、9日に一時1640ドル台と最高値を更新したと伝えられた。同社株のほか、セレス(3696)、 インフォテリア(3853)、フィスコ(3807) 、リミックスポイント(3825)など関連株が一斉に動意づいた。

ドンキホーテホールディングス(7532)

東証1部
4265円+155円

ドンキホーテホールディングス(7532)が大幅高。8日発表の今6月期第3四半期(7月-3月)決算の発表と同時に、通期の売上高、営業利益、当期利益を増額修正。これを受けてSMBC日興証券が8日付で投資評価「1」を継続、目標株価を4800円から5100円円に引き上げたことが刺激材料となった。1月5日の年初来高値4430円が未更新で、相場的な出遅れ感も買い方の支援材料として働いている。

主要株価指数

大引け 前日比
日経平均(円) 19,843.00 -52.70
TOPIX(ポイント) 1,581.77 -4.09
マザーズ(ポイント) 1,061.08 +1.22
ジャスダック平均(円) 3,068.76 +14.16

ランキング情報

東証1部株価上昇率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(千株)
1 サニックス 4651 242 +50 3,402.5
2 レック 7874 2,861 +500 553.8
3 アイ・エス・ビー 9702 1,261 +178 1,737.6
4 マネーパートナーズ 8732 580 +78 22,441.4
5 アイスタイル 3660 1,188 +153 1,881.7

東証1部株価下落率トップ5(株価単位は円、出来高は株)

順位 銘柄 コード 株価 前日比(円) 出来高(千株)
1 enish 3667 984 -246 4,686.1
2 ALSOK 2331 4,550 -445 1,778.3
3 G−7ホールディングス 7508 2,309 -204 166.5
4 パイロットコーポ 7846 4,420 -355 374.8
5 アース製薬 4985 5,820 -410 284.8

東証1部売買代金トップ5  (売買代金:単位千円)

順位 銘柄 コード 出来高
1 東芝 6502 47,079
2 ソニー 6758 40,150
3 トヨタ自動車 7203 38,652
4 任天堂 7974 38,092
5 SUBARU 7270 37,244

おわりに:IPOはまだか、テーマ物色は来た

4月25日マザーズにアセンテック(3565)が登場してから新規上場が途絶えている。ちなみに、昨年6月は12銘柄、2015年は10銘柄、2014年7銘柄が登場している。昨年は5月第2週末の13日に4銘柄の承認発表が一気にあった。となれば、今年は週末の12日がポイントとなる。物色人気は引き続き決算発表が中心だが、久々にビットコイン関連がテーマとして浮上した。そろそろ材料株も人気歌詞始めてもいい頃合いだろう。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket