初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

日経平均は昨年来高値更新【2017年3月2日】

1日のNYダウは前日比303ドル高の21,115ドルと大幅反発、再び最高値を更新した。トランプ米大統領の議会演説を好感し、終日堅調な展開。演説では減税や大規模なインフラ投資などが改めて示され、今後の経済成長への期待感に繋がった。米国市場の上昇で、東京市場は本日も買い優勢のスタートが見込まれる。欧州市場も上昇しており、ドル円が114円台を回復している点も好感され、主力大型株中心に物色されそうだ。ここのところ頭を抑えられていた日経平均19,500円ラインの突破も注目される。

東証寄り付き

全面高スタート 米株高と円安

寄り付きの日経平均は231円高の19,624円と大幅続伸、1月4日の年初来高値19,594円を上回った。NYダウの300ドル高、114円台に戻している円安が好感。ほぼ全面高商状で、米国市場において金融株がけん引役となったことで、三菱UFJ(8306)、東京海上(8766)、野村HD(8604)といった金融セクターの上昇が東京市場でも目立つ。不動産株も買われ、新日鉄住金(5401)や日本郵船(9101)も高い。前日上方修正を発表したエコナックHD(3521)が東証1部で値上がり率トップとなり、東洋ゴム(5105)は「非自動車を売却」との報道が好感されているようだ。

東証10時

日経平均は204円高 高値圏でもみ合い

日経平均は204円高の19,598円。円安進行一服で、日経平均は高値圏でのもみ合い。ただ、引き続き幅広い銘柄が買われている。ホンハイが半導体事業への出資に意欲と伝わっている東芝(6502)が買われ、ワコム(6727)は野村証券による格上げが好感。東海カーボン(5301)が続伸となり、JFE(5411)を始めとした鉄鋼株も上昇。半面、決算発表を再延期した昭電工(4004)は急落、KLab(3656)やスカラ(4845)なども売られている。

東証前引け

日経平均は250円高 金融セクターと非鉄、鉄鋼株が高い

日経平均 前日比250.08円高の19,643.62円

TOPIX  前日比18.46ポイント高の1,571.55ポイント

前引けの日経平均は250円高の19,643.62円と続伸。米株高と円安を背景に高値圏での推移が続いている。引き続き米金融株の上昇から東京市場でも金融セクターが物色され、景気敏感株として非鉄と鉄鋼も業種別指数で上昇率上位に。インフラ関連のコマツ(6301)と太平洋セメント(5233)は堅調な展開で、ボルテージ(3639)は「アニドルカラーズ」の配信決定が材料視された。一方で、トヨタ(7203)は上げ幅を縮小し、決算発表再延期の昭電工(4004)と昭光通商(8090)が大幅安。足元大きく買われていたソフトブレーン(4779)は反落。主力株に比べて上げ幅は小さいものの、日経ジャスダック平均、マザーズ指数は堅調に推移している。

東証後場寄り

日経平均212円高 主力株の一角に利食い売り

後場寄りの日経平均は212円高と前引けの水準をやや下回って始まった。メガバンクが引き続き、この日の高値圏での推移となり、東芝(6502)も買い戻しが優勢。業績の上方修正を好感した株価2ケタのエコナック(3521)が大商いで値を飛ばしている。ただ、ソフトバンク(9984)、トヨタ(7203)など主力株の一角には利益確定売りもでている。昭和電工(4004)は安く、新型ゲーム機の発売を明日3日に控える任天堂(7974)もマイナスゾーン。ジャスダック平均は15連騰。

東証2時

日経平均もみあいに ソフトバンク上げ幅縮小

日経平均は190円高とやや伸び悩んでいる。先物高からくるインデックス買いが一巡したことで、全般はもみ合い商状。メガバンクが引き続き堅調で第一生命(8750)、野村HD(8604)も高い。トヨタ(7203)とソフトバンク(9984)は上げ幅を縮小させている。材料が出たエコナック(3521)、ボルテージ(3639)が値を飛ばした。一方、昭和電工(4004)と昭光通商(8090)は売られて戻りは鈍い。2部ではシャープ(6753)が1月高値348円に顔合わせ後に売り買い交錯。

東証大引け

日経平均3日続伸 円安好感しほぼ全面高

NYダウの大幅上昇と為替の円安を好感し、日経平均は3日続伸で大幅高。1月5日の昨年来高値19,625.40円を更新した。先物高からくるインデックス買いなどからほぼ全面高商状となったが。買い一巡後は新規の材料に欠け後場は伸び悩んだ。メガバンク、第一生命(8750)など金融株、ソニー(6758)、ファナック(6954)をはじめとする優良株が軒並み高。国内証券の強気格付けを材料視する三井金属(5706)、通期計画を増額修正したエコナック(3521)が個別に買われて高い。一方、決算発表を再延期した昭和電工(4004)が売られ、楽天(4755)、任天堂(7974)は安い。ジャスダック平均は15連騰をマークし、マザーズ指数も小幅ながら9連騰。

おわりに

日経平均は昨年来高値更新

日経平均 前日比171.26円高の19,564.80円

TOPIX  前日比11.60ポイント高の1,564.69ポイント

日経平均が1月5日の昨年来高値19,625.40円を10日のメジャーSQ前に更新したことで市場のセンチメントはガラリと変わってきた。いよいよ日経平均2万円乗せへの挑戦が始まりそうだ。物色の輪も広がってきた。この日株価が急伸したワコム(6727)、JUKI(6440)、三井金属(5706)、デンカ(4061)は、いずれも国内証券のレーティングや目標株価の引き上げが材料となった。レーティングなどに素直に株価が反応し始めたことは地合い好転の証でもある。「会社四季報・春号」の発売日は17日で、物色人気は広がりをみせそうだ。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket