初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

日経平均256円安と続落 出来高は22億株超【2016年12月29日】

28日のNYダウは一部経済指標の悪化を受けて3日ぶりの反落となる前日比111ドル安の19,833ドルとなった。不動産株と素材系・エネルギー関連の堤が目立つ。為替相場も米5年債入札が約2年ぶりの高い応札倍率となり金利が低下したため、円高ドル安となっている。

シカゴ日経平均先物は大証終値比105円安の19,325円で、本日の日本市場は売り先行の展開が予想される。

東証寄り付き

 

日経平均は100円安の全面安スタート NTTが切り返す

寄り付きの日経平均は100円安の19,301.04円でスタート。その後も下値を試し150円安に下げ幅を拡大させた。大手薬品株を除き、ほぼ全面安のスタートとなるなか、前日ストップ安の東芝(6502が大幅安のスタートで大商い。メガバンク、自動車、ハイテク株も安い。

ソフトバンク(9984)も売りが先行し、半導体関連も安い。なかでKDDI(9433)が反発し、NTT(9432)が売り一巡後に大きく切り返している。タカタ(7312)は米司法省との和解期待で高い。マザーズ指数、ジャスダック平均も反落。東証2部のシャープ(6753)が引き続き大商い。

東証10時

日経平均は下げ幅広げる 東芝が大幅続落

日経平均は162円安の19,239円と下げ幅を拡大させている。全面安が続き、東芝(6502)が安寄り後も下げ幅を広げ、株価下落率と売買代金トップ。半導体関連のSUMCO(3436)と東京エレクトロン(8035)の下げ幅も拡大している。

そのほか、メガバンクやソフトバンク(9984)、野村HD(8604)が売られ、業種的には海運と鉄鋼の下げが目立っている。一方、NTT(9432)とKDDI(9433)は小幅高で、雪印メグミルク(2270)や中外製薬(4519)といったディフェンシブ株の一角が値を保っている。

タカタ(7312)はストップ高。シャープ(6753)は年初来高値更新後に売られて、前日終値近辺でもみ合っている。

東証前引け

日経平均一時233円安 東芝が大幅続落

日経平均 前日比190.79円安の19,210.93円

TOPIX  前日比15.57ポイント安の1,521.23ポイント

前引けの日経平均は190円安の19,210円。一時前日比200円を超える下げ幅は11月9日の大統領選挙結果の判明による919円安以来。NYダウ反落と1ドル=116円台後半への円高進行が警戒され、東京株式市場はほぼ全面安となった。

東芝(6502)は格付け機関が相次いで格下げを行ったため、東証1部で株価下落率第1位となり、売買代金もトップとなった。

メガバンクも安く、日経平均寄与度の高いソフトバンク(9984)とファーストリテイリング(9983)も売られ、米国半導体株安の影響でSUMCO(3436)の下げも目立った。一方、タカタ(7312)は米司法省と和解する可能性と報じられストップ高に貼り付いた。ジャスダック平均とマザーズ指数は反落。

東証後場寄り

 

日経平均238円安と下げ幅拡大 NTTもマイナスに転じる

後場の日経平均は238円安の19,163円と前引けの水準を下回っている。前日の米国株安と円高が警戒され、買いが見送られる中、小口の売りに全般押されている。

東芝(6502)が下落率第1位となっていることも市場心理を悪化させている。三菱UFJFG(8306)や野村HD(8604)といった金融株が売りに押され、1ドル116円台後半の円高を受け、キヤノン(7751)やファナック(6954)、富士重工(7270)など輸出関連株も安い。前場に堅調だったNTT(9432)もマイナス圏でのスタートとなっている。

東証2時

日経平均一時300円超の下げ コア銘柄が売られる

日経平均は241円安の19,159円と後場の寄り付き水準を切り下げてきた。円相場が1ドル=116円台半ばと円高圧力を強めているため、日経平均は一時300円を超える下げ幅となった。

日経平均先物が売られ裁定解消売りが出ている。日経平均寄与度の高いソフトバンク(9984)とファーストリテイリング(9983)が下げ幅を広げ、トヨタ(7203)やソニー(6758)、ファナック(6954)といったコア銘柄も売りが先行。東芝(6502)は前場の安値に比べると下げ幅を縮め、メガバンクは本日の安値圏での取引となっている。

日経平均256円安と続落 東証1部出来高は22億株台に膨らむ

大引けの日経平均は256円安の19,145円と続落。東証1部の出来高は22億株台と5営業日ぶりに20億株、売買代金も2兆円の大台を回復。米国株安に加え、1ドル116円台に進んだ円高を懸念し、東証はほぼ全面安となった。

東芝(6502)が東証1部の株価下落率と出来高でトップ。メガバンクも安く、円高で自動車株や海運株、鉄鋼株も売られた。 米国半導体株安が響き半導体関連も軟調。

一方、KDDI(9433、JT(2914)が逆行高。大引け間際に買い戻された任天堂(7974)が小反発した。ジャスダック平均とマザーズ指数は反落。

おわりに

日銀買いは御用納め? 有機EL関連に動意

日経平均 前日比256.58円安の19,145.14円

TOPIX  前日比18.41ポイント安の1,518.39ポイント

日経平均は一時309円安となり19,000円割れを意識させるヒヤリとした場面があった。昨年は相場が上昇しているという要因はあったものの、12月15日から30日の大納会の営業日数11日間(うち日経平均が下落したのは6日間)は日銀のETF買いは見られなかった。

今年は15日以降28日まで4日はETF買いが確認されているものの、「官公庁の御用納めでETF買いは入らないのでは」といった憶測が売りを誘っているともされた。ソニー(6758)の「有機ELテレビの世界展開」が伝えられ、後場に入りウィンテスト(6721)、スガイ化学(4120)といった有機EL関連の東証2部小型株が久々にテーマ物色されたことが特徴。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。