初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

第一生命HDの保険【2017年2月15日】

14日のNYダウは92ドル高の20,504ドルと4日続伸。イエレンFRBFRB議長が早期利上げを示唆したことで金利が上昇し、金融株の上昇が目立った。円相場は1ドル114円台の円安となり、シカゴ日経平均先物は大証終値比195円高の19,475円。本日の日経平均は1月5日の取引時間中に付けた19,615円に接近する可能性も。昨日の決算発表ではイーレックス(9517)が通期業績予想の上方修正と1対3の株式分割ならびに実質増配を発表し注目される。

東証寄り付き

日経平均は199円高スタート ほぼ全面高

寄り付きの日経平均は199円高の19,438円と反発のスタート。米国株高が好感され、ほぼ全面高で始まり、三菱UFJFG(8306)や三井住友FG(8316)、東京海上(8766)など金融セクターが業種別上昇率上位となっている。三井金属(5706)や伊藤忠商事(8001)なども買われ、アルバック(6728)が続伸。日本精工(6471)は大和証券がレーティングを引き上げ大幅高。なお、トヨタ(7203)を始めとした自動車株の上げは小幅。決算延期の東芝(6502)が大幅続落となり、シマノ(7309)は減益決算で売られている。

東証10時

日経平均は高値もみあい 金融株が高い

日経平均は224円高の19,463円と19,500円手前でのもみ合いとなっている。米国金融株高の流れを引き継ぎ、三菱UFJFG(8306)や第一生命(8750)は昨年来高値を更新。JT(2914)が反発し売買代金上位となり、東邦チタニウム(5727)や三井金属(5706)といった非鉄株が高く、化学株も買われDIC(4631)は上場来高値を更新した。一方、東芝(6502)とルネサスエレクトロニクス(6723)の下げが目立ち、住友ゴム(5110)は来期も減益予想で大幅反落となっている。

東証前引け

日経平均は朝高後小動き 東芝一時200円割れ

日経平均 前日比234.52円高の19,473.50円

TOPIX  前日比17.10ポイント高の1,556.22ポイント

NYダウの最高値更新と円安を好感して日経平均は急反発。ただ、朝方の買い一巡後は、一段の上値追いの動きは見られず、前場の日経平均は上下幅56円の狭いレンジでの動きに留まった。三菱UFJFG(8306)など金融株が高く、売買代金上位銘柄は軒並み高。ソフトバンク(9984)も3日ぶり小反発。前日に業績を上方修正して買われたアルバック(6728)、三井金属(5706)、ミネベアミツミ(6767)はこの日も買いが先行した。一方、原発事業の会計処理問題で決算発表を延期した東芝(6502)は、一時199円と200円割れまで下落し、東証1部の売買代金、出来高でトップ。このほか、任天堂(7974)、楽天(4755)、ジャパンディスプレイ(6740)などが下落した。ジャスダック平均、マザーズ指数は小幅高。東証2部では旭化成ホームズと資本提携した中央ビルド(1971)が好人気となった。

東証後場寄り

日経平均はもみあう ソフトバンクが上値伺う

日経平均は218円高の19,457円と前引けの水準で始まった。日本企業の決算発表が一巡し、2月28日のトランプ米大統領の演説まで買い材料が乏しいことが意識されている。引き続きメガバンクと保険株が高く、ソフトバンク(9984)は後場に入り上げ幅を拡大。トヨタ(7203)とJT(2914)は売りが先行し始めて上げ幅を縮めている。一方、東芝(6502)は売り物一巡後、買い戻しから下げ一服、ジャパンディスプレイ(6740)、楽天(4755)が下落している。

東証2時

日経平均は206円高 三菱商事が上げ幅拡大

日経平均は206円高の19,445円とこの日の高値圏で膠着。引き続き値動きが乏しい、狭いレンジでの推移となっている。ソフトバンク(9984)が一段高で推移し、三菱商事(8058)が後場に入り上げ幅を広げている。アルバック(6728)は大幅続伸、ユニチャーム(8113)は自社株買い決議が好感され高い。三菱UFJFG(8306)はやや上げ幅を縮めたものの売買代金上位を保っている。直近人気の東京エレクトロン(8035)や日立国際電気(6756)など半導体製造装置メーカーは買いが見送られている。マザーズ指数はしっかりだが、ジャスダック平均はマイナスに転じている。

東証大引け

日経平均199円高と反発 保険株の上昇目立つ

大引けの日経平均は199円高の19,437円と反発。円安・米株高が好感されたものの、日経平均は高寄りした水準で一進一退となった。米国金利上昇による運用環境改善期待で第一生命(8750)など保険株の上昇が目立ち、メガバンクと証券株も買われた。資源価格上昇による追い風が期待され、三菱商事(8058)が後場に入り物色された。ソフトバンク(9984)が3日ぶりに反発し、自社株買い発表の電通(4324)、大和が投資判断を引き上げた日本精工(6471)も上昇。一方、東芝(6502)は大幅続落となり一時200円を割り込む場面もあった。任天堂(7974)が軟調で、楽天(4755)も安い。東京エレクトロン(8035)やアドバンテスト(6857)といった半導体製造装置メーカーの一角が下落した。

おわりに

第一生命HDの保険

日経平均 前日比199.00円高の19,437.98円

TOPIX  前日比14.57ポイント高の1,553.69ポイント

東芝(6502)が一時200円割れと喘(あえ)いでいる。14日の決算発表延期で負債額に対する不透明感、警戒感が増して狼狽売りが出た形。ただ、その後は売り方の買い戻しも働いて下げ渋っている。「国策絡みの企業だけに民事再生はないと思われる」との声もあり、ひとまず落ち着いた形。ただし、現状の流れからすると日経225種から外れる方向にある。東芝は今、相場の「喉に刺さった骨」といった存在だ。東芝の第5位大株主は、年初から株価上昇中の第一生命HD(8750)。ただ、この第一生命HDは東芝が225種をはずれた場合の代用有力候補で株価上昇中のセイコーエプソン(6724)の大株主でもある。ひとまず、第一生命は東芝の保険はセイコーエプソンでかけているようだ。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。