初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

NYダウ続伸で円安を好感か【2017年1月27日】

26日のNYダウは3日続伸となり、前日比32ドル高の20,100ドル。決算発表が良好だが、ダウ平均指数の上値は重い。シカゴ日経平均先物は大証終値比45円高の19,505円と小幅高にとどまったが、円相場が1ドル114円台と前日に比べて円安に向かい、東京株式市場は堅調を持続しそうだ。原油高を受け資源関連も注目。東洋経済が「鴻海が東芝(6502)の事業買収に関心」と伝えたことも注目されそうだ。大引け後に信越化学(4063)とアルプス電気(6770)が決算発表を予定、今晩米国では10-12月期GDPと12月耐久財受注が発表される。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は51円高 ソフトバンク9000円乗せ

寄り付きの日経平均は51円高の19,453円と3日続伸のスタート。ソフトバンク(9984)が寄り付き直後に約3年ぶりの9,000円乗せ。三菱UFJFG(8306)も続伸となり、ブリヂストン(5108)、HOYA(7741)も上昇している。原油高で石油関連も買われた。エムスリー(2413)は決算が好感され大幅高となっている。一方、信越化学(4063)は利食い売りに押され、マツダ(7261)やホンダ(7267)が小幅安、昨日まで2日連続ストップ高となったタカタ(7312)は反落。決算発表を嫌気したサイバーエージェント(4751)、日立金属(5486)、日立国際電気(6756)が売られている。

東証10時

日経平均は小幅高でもみあい 新興市場は一服

日経平均は51円高の19,454円と寄付き後は小幅レンジのもみ合いとなっている。高寄り後に売られたソフトバンク(9984)が切り返し、メガバンクもしっかり。KDDI(9433)とブリヂストン(5108)が上げ幅を拡大している。そのほか、原油高を受け、JX(5020)も堅調。一方、ファナック(6954)は26日に通期業績予想を上方修正したもののアナリスト予想に届かなかったため売られ、アドバンテスト(6857)も26日に通期予想を増額したが下落した。売買代金上位銘柄は高安マチマチ。週末控えでジャスダック平均、マザーズ指数の新興市場指数は連騰一服に。

東証前引け

日経平均は強含みもみあい 今年第1郷IPOは買い気配

日経平均 前日比71.76円高の19,474.15円

TOPIX  前日比6.08ポイント高の1,551.09ポイント

前引けの日経平均は3日続伸となる71円高の19,474円。寄付き後は小幅なレンジでの値動き。前日までの2日間の上げ幅は600円超で、上値追いが手控えられた形。先物が軟調だったことも影響した。メガバンクが堅調でKDDI(9433)、ブリヂストン(5108)、26日発表の決算が好感されたエムスリー(2413)が高い。一方、3年ぶりに9,000円台に乗せたソフトバンク(9984)は前引けにかけて失速。野村HD(8604)とオリックス(8591)が前日比マイナスに転じるなど金融株も高安マチマチの展開。東芝(6502)も買いが見送られた。ジャスダック平均とマザーズ指数は反落。今年第1号のIPOとなるマザーズのシャノン(3976)は買い気配で本日の初値成立は難しそうだ。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket