初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ユナイトアンドグロウ【4486】

  • ユナイトアンドグロウが12月18日、マザーズに新規上場
  • 中堅企業にIT人材・知識のシェアリングサービスを提供
上場市場 マザーズ
予想価格1,210円
上場日2019年12月18日
天野秀夫
天野秀夫
ユナイトアンドグロウ(4486)のサムネイル
初値期待度3
上場後株価期待度3
上場時話題性3
事業成長性3
事業収益力3

ユナイトアンドグロウが12月18日、マザーズに新規上場/中堅企業にIT人材・知識のシェアリングサービスを提供

ユナイトアンドグロウ(4486)が12月18日、東証マザーズに新規上場する。2005年2月に設立した同社は、同社と連結子会社1社で構成されて、中堅・中小企業の情報システム部門を対象としたIT人材・知識のシェアリングサービスの提供とセキュリティコンサルティングサービスの提供、およびオープンナレッジサービス「Syszo」の運営を展開している。

中堅・中小企業に対して、情報システム部門を支援する会員制サービス「インソーシング事業」では、IT人材と知識をシェアすることで、中堅・中小企業のITに関する人材不足の解消、課題解決、経済的負担の軽減を支援している。対象は従業員数50名から1000名規模で東京23区内に所在する企業や事業所としている。

こうした企業に同社の「シェアード社員」が直接訪問して、ITインフラの整備やヘルプデスク等のシステム運用に関する技術提供、IT課題策定や内部統制等のシステム活用に関するコンサルティング、システム担当者の育成や交流支援をサポートしている。

セキュリティ事業は、連結子会社の「fjコンサルティング」が、情報セキュリティマネジメント関連文書の整備支援業務や海外企業の日本展開における日本基準への適合支援業務をサポートしている。

今2019年12月期業績は、売上高16億円(前期比15.7%増)、経常利益1.8億円(同4.4%増)と増収増益の見通し。通期経常利益計画に対する第3四半期末時点の進捗率は84.7%となっている。

ユナイトアンドグロウ(4486)の基本情報

企業名ユナイトアンドグロウ株式会社
会社URLhttps://www.ug-inc.net/
証券コード・市場 マザーズ (4486)
上場予定日2019年12月18日
業種 情報・通信業
事業内容中堅・中小企業の情報システム部門を対象としたIT人材・知識のシェアリングサービスの提供等
本社所在地東京都千代田区神田駿河台4-3
社長須田騎一朗
設立年月2005年02月23日
決算期12月末
上場前資本金100,000千円

事業の特徴と魅力

IT人材と知識を「シェア」するサービスを首都圏の中堅・中小企業に提供していることがユナイトアンドグロウ(4486)の特徴です。

このインソーシング事業が売上高の85%を占めています。インソーシング事業人員は前期末時点で131名を擁しています。この優秀なIT人材の確保と育成が成長のポイントとなってくるでしょう。

初値予想

想定価格 1,210円
仮条件 1,210円〜 1,270円
公開価格 1,270円
初値予想 1,500円

初値予想と上場後の見込み

ユナイトアンドグロウ(4486)の想定価格1210円から試算される想定時価総額は22億円、市場からの資金吸収額は6.5億円でマザーズ上場の小型案件となります。小型の案件ではありますが、事業に新規性が乏しく、同日にBuySellTechnologies(7685)、JTOWER(4485)が上場することが需給的なネックとなります。

ただ、増収増益予想企業であることから、初値が穏健だった場合、上場後に短期資金を呼び込む可能性が高まります。また、12月末で年間配当8円予想であることもポイントです。

IPOスケジュール

抽選申込(BB)期間 2019-12-03〜 2019-12-09
当選発表(公開価格決定)日 2019-12-10
購入申込期間 2019-12-11〜 2019-12-16

IPO当選株数
※単位は株

公募株数 367,400
売出株数(OAを含む) 172,400
当選株合計 539,800

おすすめのネット証券

ユナイトアンドグロウ(4486)の主幹事証券はSMBC日興証券です。SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券、丸三証券とネット取引に強い証券を幹事団に引き込んでいます。

大株主は2つのベンチャーファンドに化学解除条項のついたロックアップが掛かっていますが、あとは解除条項の無い180日間のロックアップが掛かって需給はタイトとなるでしょう。第3位大株主の「横河レンタ・リース」は、パソコンや計測器・測定器のレンタル、マイコン開発機器、IT機器システム販売を手掛け横河電機(6841)のグループ会社です。

株主構成

氏名比率ロックアップの有無
須田騎一朗36.37%上場日から180日間
エス・アセットマネジメント30.33%上場日から180日間
横河レンタ・リース4.85%上場日から180日間
ニッセイ・キャピタル5号投資事業3.64%上場日から90日間、但し公開価格の1.5倍で解除
岡美恵子2.85%上場日から180日間
ユナイトアンドグロウ従業員持株会1.93%上場日から180日間
須田愛子1.82%上場日から180日間
YSアセットマネジメント(株)1.66%上場日から180日間
藤森肇1.21%上場日から180日間
グローバル・タイガー・ファンド3号投資事業1.03%上場日から90日間、但し公開価格の1.5倍で解除

業績

売上高(千円)経常利益当期利益1株当たりの純利益純資産額1株当たり純資産額配当(円)自己資本比率自己資本利益率
2016年12月期(実績)832,48014,28610,3677.44261,145187.430.0045.24.1
2017年12月期(実績)1,175,661103,83867,57748.50336,981241.865.0044.822.3
2018年12月期(実績)1,388,342176,262123,34388.49491,718339.568.0053.629.8
2019年12月期(予想)1,606,000184,000124,00085.030.008.000.00.0

マザーズ配当実施企業として注目

中小企業向けIT人材のシェアリング企業として首都圏にとっかした事業形態となっています。セキュリティ事業は受注案件の規模によって収益に濃淡ができます。事業内容に新規性は認められませんが、業績は堅実に伸びており、今12月期も進捗率から見て上ブレ着地が濃厚です。

マザーズIPOでは意外と少ない配当実施企業でもあり、意外な中期投資対象となるかもしれません。今後事業規模と領域をどう拡大していくか次第で、成長期待ができる企業です。

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。