初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

リーガル不動産【3497】

  • リーガル不動産が10月23日、マザーズに新規上場
  • 「LEGALAND」ブランドを展開するマンションデベロッパー
上場市場 マザーズ
予想価格 1,360円
上場日 2018年10月23日
天野秀夫
天野秀夫
リーガル不動産(3497)のサムネイル
初値期待度 4
上場後株価期待度 4
上場時話題性 3
事業成長性 4
事業収益力 4

リーガル不動産が10月23日、マザーズに新規上場/「LEGALAND」ブランドを展開するマンションデベロッパー

リーガル不動産(3497)が10月23日、東証マザーズに新規上場する。不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業を手掛ける不動産デベロッパーで、事業セグメントは不動産ソリューション、不動産賃貸、その他の3事業で構成されている。

売上高の約86%を占めて主力の「不動産ソリューション事業」では、仕入れ不動産のバリューアップと資産価値を高めた上で個人富裕層、資産保有を目的とした事業法人に売却している。主力商品の「LEGALAND」は富裕層ターゲットの賃貸マンションシリーズとして、外観・ディテールにこだわり単身・少人数世帯向け仕入れ戦略に基づき、商品開発を展開している。

売上高の約12%強の「不動産賃貸事業」では、保有の収益不動産、販売用不動産からの賃料収入を得ている。大都市エリア、ターミナル駅近郊に物件エリアを絞っている。

「その他事業」では、不動産調査・価格査定、権利譲渡、リーシング、入札といった不動産仲介サービスと有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームの設置、運営、管理、居宅介護支援を含む介護サービスを提供している。有料老人ホームを主力とする介護事業は、「リーガテラス」のブランドでJR琵琶湖線沿線などで5施設を展開している。

今2019年7月期業績は、売上高が前期比31.1%増の252.5億円、経常利益が同9.5%増の9.4億円と増収増益の計画だ。

リーガル不動産(3497)の基本情報

企業名 株式会社リーガル不動産
会社URL https://www.legal-corp.co.jp
証券コード・市場 マザーズ (3497)
上場予定日 2018年10月23日
業種 不動産業
事業内容 不動産の開発・販売、賃貸、管理、仲介、介護事業
本社所在地 大阪府大阪市帰宅堂山町3番3号
社長 平野哲司
設立年月 2000年09月07日
決算期 7月末
上場前資本金 90,000千円

事業の特徴と魅力

会社側は自社の強みとして、目利きによるソリューションの立案能力の高さ、弁護士200名以上とのネットワークを持つ法律知識、年間相談件数1620件に達する迅速な対応、法令に沿った誠実な経営の4つを上げています。

主力の低層賃貸マンション「LEGALAND」のデザイン性は高く、首都圏を中心に展開していることも特徴です。マンションデベロッパーは数多く上場しており、独自性を同マーケットにアピールするかが注目されます。

初値予想

想定価格 1,360円
仮条件 1,360円〜 1,380円
公開価格 1,380円
初値予想 2,400円

初値予想と上場後の見込み

リーガル不動産(3497)の想定価格1360円で試算した想定時価総額は37.3億円、市場からの資金吸収額は15.8億円で、東証マザーズ上場の中型案件となります。やや公開規模が大きく、直近で不動産業で上場したマリオン(3494)香陵住販(3495)の公開価格にから初値までの上昇率は16%から60%程度でした。そのため、初値が公開価格の2倍となるなど飛ぶことはなさそうです。

しかし、業績の変化率が高く成長性が意識されるほか、社長が間接分含め発行済株式の9割超を保有し、ベンチャーキャピタル保有株はないことから、上場後の売り圧力は限定的で、株価パフォーマンス的には、むしろ上場後に魅力があるでしょう。

IPOスケジュール

抽選申込(BB)期間 2018-10-05〜 2018-10-12
当選発表(公開価格決定)日 2018-10-15
購入申込期間 2018-10-16〜 2018-10-19

IPO当選株数
※単位は株

公募株数 740,000
売出株数(OAを含む) 421,500
当選株合計 1,161,500

おすすめのネット証券

主幹事証券はSMBC日興。比較手は公開価格に対して初値が飛ぶ習性を持つ幹事証券ながら、最近はややおとなしくなっています。リーガル不動産(3497)の本社が大阪とあって、幹事団はエース、東海東京、岩井コスモと「西」を意識した編成にも見えます。

一方、大株主には上位4社まで解除条項無しの180日間と最長のロックアップが掛かっています。平野社長が直接・間接分含め発行済株式の9割程度を保有しており、ベンチャーキャピタルの保有も見られません。

株主構成

氏名比率ロックアップの有無
(株)リーガルアセット52.15%上場日から180日間
平野 哲司32.60%上場日から180日間
山名 孝宏4.19%上場日から180日間
藤原 寛4.19%上場日から180日間
(株)リーガル不動産1.33%
水向 隆0.47%
池田 維彦0.33%
完山 吉秀0.28%
山村 真一0.28%
岡田 千0.28%

業績の伸びと株主還元策に期待大

スルガ銀行(8358)の不正融資問題やTATERU(1435)の融資資料改ざん問題など不動産業界には芳しくないニュースが生じており、ムード的には逆風化での船出となります。ただ、公開価格1380円の予想PERは5倍で今7月期は増収増益で近年の利益の伸びが著しいことは特筆ものです。

マンションデベロッパーのIPOは派手さがないぶん、業績の伸びと株主還元がストレートに株価に反映されます。株主還元策は十分期待でき、投資対象としては魅力的な銘柄です。

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。