初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

物色テーマ:スマート工場

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部

スマート工場とは、工場内の設備、機器全てをインターネットにつなぐことで可視化を図り、生産管理や改善によって効率化やコスト削減を図るIoT(モノのインターネット)技術のことを示す。スマートファクトリーとも呼ばれる。

日独で国際標準づくりをリード

日独で国際標準づくりをリード

スマート工場は、部品やモノの流れをリアルタイムで掌握し、さらにそのデータをヒトおよび人工知能(AI)が分析し、在庫管理や人件費削減、省エネ、さらに自動化を実現させる。

単独の工場だけでなく、複数の工場をつなげることで、その全体を「一つの工場」として運営、展開させることもできるようになる。元請け工場が下請け工場と一体となって、効率的に製品をつくることができるようにもなり、大企業のみならず中小製造業にとっても有効な技術である。また、国境を越えた他国の工場と連携することも可能となり、グローバル規模でのダイナミックかつ繊細なものづくりが可能となる。

この構想は既にドイツで「インダストリー4.0」という名で展開されており、ドイツ連邦政府、州政府、産業界、学界が一体となって取り組んでいる。日本でスマート工場が注目されたのは、2016年4月に官邸で行われた「未来投資に向けた官民対話」での安倍総理の発言。「2020年までに、センサーで集めた現場のデータを、工場や企業の枠を超えて共有・活用する先進システムを、全国50カ所で生み出します。製造現場の強みを共有するドイツと協力し、国際標準化を進めます」と述べている。それを受け、日本政府はドイツと協議を進め、今年3月には両国が「ハノーバー宣言」に署名。日独でスマート工場の国際標準づくりを先導することで合意した。日独でスマート工場のスタンダードを共同で構築することを目指している。

おわりに

今年2017年1月に東京ビッグサイトで「第1回スマート工場EXPO」が開催されるなど、知名度が浸透し始めた「スマート工場」。関連株としては産業用ロボット、ネットワーク関連、監視カメラなどの企業があげられる。株式市場では、日本電技(1723)、サイオステクノロジー(3744)、図研エルミック(4770)、ネットワンシステムズ(7518)なども関連株して意識された事がある。

主な「スマート工場」関連銘柄
銘柄 コード ポイント
JIG-SAW 3914 クラウドやサーバー向けの自動監視システムを展開。自動モニタリング技術に定評がある。
JMACS 5817 電線メーカー中堅だが、遠隔電源制御やスマートグラス、センシングシステムでスマート工場を支援。
コマツ 6301 建機大手。2015年6月にコマツ流「つながる化」による生産改革に着手すると発表。スマート工場の先駆。
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。