初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

物色テーマ:人工知能(AI)

株式市場では投資家の人気を集めるテーマ材料が存在する。株式市場の地合いや時流をにらんで、物色テーマに沿った銘柄が買われるというものだ。昭和の時代にもてはやされた「ウォーターフロント」「含み資産」などがその典型。今回は人工知能(AI)を取り上げる。

人工知能(AI)

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

AIにある2つのアプローチ

人工知能学会によれば人工知能(AI)には、

  1. 人間の知能を持つ機械を作ること
  2. 人間が知能を使ってすることを機械にさせる

――という2つのアプローチがあるという。

コンピューターが囲碁・将棋などのテーブルゲームで人間と対決したり、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」などが前者に該当する。後者はビッグデータ解析が象徴的。人間だと何年もかかる分析も、AIなら数分で終えてしまう。経験不足の医師をサポートしたり、マーケティングのアドバイスをAIが行うという技術も既にある。

AIと同様の働きをするものはギリシャ神話にも登場しているが、現在のAIは1956年にダートマスで開催された学術会議(ダートマス会議)の提案書で人類史上初めて使われたというのが定説。

AI関連のキーワードを拾うと、AIビジネスの広がりが見えてくる。アルゴリズムを用いてデータを学習し、コンピューターが自律的に洞察を導き出す「機械学習」。データの特徴をシステムが学習して、事象の認識や分類を行う「深層学習(ディープラーニング)」。人間の脳の神経回路の仕組みを模した「ニューラルネットワーク」を用い、手でモノを動かしたり物体を認識するという、人間なら簡単にできる能力を可能にさせる。

おわりに

人間が言葉でAIに指示するためには、「自然言語処理」の技術が必要で、その研究も方々で進められている。AIを効率的に機能させるには、「ハードウエア」の能力向上も不可欠。データ処理能力の高速度化がなければAIは成り立たず、「ビッグデータ」がなければAIは何もできず、能力も向上しない。この他にも、「チャットボット」や「コンテンツ・アート制作」など、AI技術を使ったアプリ開発も進んでいる。

主な人工知能(AI)関連銘柄
銘柄 コード ポイント
安川情報システム 2354 製造業を中心としたシステム構築と組み込みソフト開発が主力。近年ではスマートファクトリー・スマートシティの実現を掲げている。
ディジタルメディアプロフェッショナル 3652 半導体開発ベンチャー。3D技術を活用したビジュアル・コンピューティングを得意とする。
コムチュア 3844 独立系システムインテグレータ(SI)。アパレル業界向けに、販売予測や気象予測で経営アドバイスするAIシステムを展開している。
アドバンスト・メディア 3773 主力とする音声の文字化技術を基に、電話対応をAIで自動化するコールセンターサービスなどを開発。
インスペック 6656 光学式外観検査装置のメーカー。AI技術を用いた病理診断システム開発への取り組みを進行中。
総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。