初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

新・相場道五十三次

11/24

季節性を利用する – 新・相場道五十三次

2017年もいよいよ師走に入ります。この時期には毎年、年末相場という言葉が使われます。それはいったい何をさしているのか、そしてそれをどのように投資のパフォーマンスにつなげていくかを […]

by 廣重勝彦

続きを読む

10/27

トレンドの有無を見極める

日経平均株価が16連騰というニュースが、大々的に流れました。一見、投資には絶好調な時期ですが、現実には難しい面もあります。今回のコラムでは、その難しさの一端を検討し、それにどう対処 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

9/29

ゼロと1が共存するテクニカル分析

過去3回にわたり、最近のトピック、とりわけ地政学的リスクと総選挙をどのように考えるのかについてお話をしました。今回は、あらためてテクニカル分析について解説いたします。 テクニカルは […]

by 廣重勝彦

続きを読む

9/22

「所与の条件」に逆らわない

先週は、北朝鮮問題の緊迫化を背景に、地政学的リスクと株式相場の関係を検討してみました。その間に、新たなニュースが流れました。衆議院の解散に関する報道です。これを受けて、株式相場は新 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

9/15

ブラック・スワンを手なずける

9月の株式相場とドル円相場は、北朝鮮問題という地政学的リスクを背景に、波乱含みの場面もありました。ただ、核実験以降は、北朝鮮の新たな動きがみられないことから、市場は落ち着きを取り戻 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

9/8

有事の円買いにも賞味期限

いま株式市場では、「地政学的リスク」という言葉が飛び交っています。そこで今回は、このリスクについて考えてみます。 地政学的リスクの影響 市場では、「地政学的リスク」という言葉が、連 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

9/1

モメンタムで相場の流れをつかむ

モメンタムで相場の流れをつかむ

テクニカル分析の勉強は、これまでパターン分析、トレンド分析、そしてモメンタム分析と進んできました。先週はRSIを検討しましたが、今週はさらにマニアックに、%Rをご説明いたします。 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

8/25

RSI vs. トレンド分析

RSI vs. トレンド分析

今回も、引き続きRSIを深掘りしてみます。そのうえで、トレンド指標に勝る点についてもご説明します。 RSIの使い方を詳しく見る 復習ですが、RSIの数字はゼロと100の間を往来し、 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

8/11

ボラティリティを感じる

ボラティリティを感じる

先週のコラムでは、最近話題になっている「相場のこう着」について検討しました。とりわけ、7月の相場がはらみ足であったことを取り上げてみました。はらみ足は、今月の高値が前月の高値よりも […]

by 廣重勝彦

続きを読む

7/28

オシレーターと騰落レシオを考える

オシレーターと騰落レシオを考える

前回まで、テクニカル分析に関して、トレンド分析、移動平均線、パターン分析などを見てきました。今回は少し視点を変えて、オシレーターについて考えます。 オシレーターとモメンタム これま […]

by 廣重勝彦

続きを読む

7/21

やられたらやり返す、倍返し!

やられたらやり返す、倍返し!

今週は、テクニカル分析を使って目標値を求める方法を検討します。 目標値計算 少し古くなりましたが、テレビドラマ主人公の半沢直樹のセリフ、「やられたらやり返す、倍返しだ!」が有名にな […]

by 廣重勝彦

続きを読む

7/14

パターン分析の実際

パターン分析の実際

前回までのコラムで、有名なチャートパターンを見ました。ヘッド・アンド・ショルダーや、ダブルトップなどです。ただし、これらはトレンド反転のパターン、すなわちこれまでの上昇トレンドが終 […]

by 廣重勝彦

続きを読む

7/7

移動平均線を深く考える

移動平均線を深く考える

相場のトレンドを判断する方法として、これまでトレンドラインを検討してきました。今回は、よりポピュラーなトレンド判断方法として、移動平均線を考えてみます。 ポピュラーな移動平均線 移 […]

by 株の教科書.com編集部

続きを読む

6/30

ダブルボトムを使ってみる

ダブルボトムを使ってみる

先週は、トレンドラインを検討しました。その中で、トレンドの反転パターンについても若干ご説明しました。相場の流れが変わるサインですが、今回はさらに詳しく考えてみます。 ヘッド・アンド […]

by 廣重勝彦

続きを読む

6/16

一本の線でも良い道具

一本の線でも良い道具

前回のコラムでは、高値・安値を使ったトレンドの見方をご紹介しました。今回は一歩進んで、トレンドラインについて考えてみましょう。 現状を把握するもの 前回は、高値ないし安値の更新をみ […]

by 廣重勝彦

続きを読む

6/9

トレンドの使い方を考える

前回は、シンプルだけれども、もっとも紛まぎれのないトレンド判定法をご説明しました。今回は、これを実践でどのように生かすかを考えます。 トレンドと売買の方法 前回のコラムでは、トレン […]

by 廣重勝彦

続きを読む

6/2

半歩先を読むテクニカル分析

半歩先を読むテクニカル分析

前回は、テクニカル分析にまつわるエピソードをご紹介しました。今回は、具体的なテクニカル分析の第一歩として、トレンドを中心に考えてみます。 トレンドとは 相場の解説などで、トレンドと […]

by 廣重勝彦

続きを読む

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。