株の教科書.com

新・相場道五十三次

6/16

一本の線でも良い道具

一本の線でも良い道具

前回のコラムでは、高値・安値を使ったトレンドの見方をご紹介しました。今回は一歩進んで、トレンドラインについて考えてみましょう。 現状を把握するもの 前回は、高値ないし安値の更新をみ […]

by

続きを読む

6/9

トレンドの使い方を考える

前回は、シンプルだけれども、もっとも紛まぎれのないトレンド判定法をご説明しました。今回は、これを実践でどのように生かすかを考えます。 トレンドと売買の方法 前回のコラムでは、トレン […]

by

続きを読む

6/2

半歩先を読むテクニカル分析

半歩先を読むテクニカル分析

前回は、テクニカル分析にまつわるエピソードをご紹介しました。今回は、具体的なテクニカル分析の第一歩として、トレンドを中心に考えてみます。 トレンドとは 相場の解説などで、トレンドと […]

by

続きを読む

5/19

地味だけど投資に効く物価

地味だけど投資に効く物価

今回は、物価についてお話をいたします。市場では、活発に議論される国内総生産(GDP)や雇用統計などに比べて、物価は地味な扱いです。しかし、物価は、外国為替相場や株式相場だけでなく、 […]

by

続きを読む

4/28

景気サイクルを使った投資

景気サイクルを使った投資

景気と需給ギャップを考える 過去2回にわたり、景気の状況が、株価の動きに影響を与えるということをお話しました。 復習ですが、理論的には、実際の成長率(GDP成長率)が潜在成長率を上 […]

by

続きを読む

4/14

景気と株価のかかわり方

投資に必要な基礎知識としては、企業分析、マクロ経済分析、そしてテクニカル分析があります。一見難しそうですが、株式相場と結び付けて具体的に見ていけば、時間とともにその知識は身に付き、 […]

by

続きを読む

4/7

会社をサクッと分析する

会社をサクッと分析する

ここまでは、企業を分析する指標をご説明してきました。PER、PBR 、ROE、配当利回り、自己資本比率などは、いずれも会社四季報に載っています。気になる銘柄があれば、この指標をチェ […]

by

続きを読む

3/31

鏡とアンテナ

鏡とアンテナ

今週は、株価と時価総額について、ニッチな話をしてみます。同じように見えて、少し違う。そこに投資のヒントがありそうです。 株価は鏡 相場格言で、「株価は経済を映す鏡」、あるいは「株価 […]

by

続きを読む

3/24

全体相場のシナリオを考える

先週のコラムではPBR(株価純資産倍率)が中長期投資に役立ちそうだということ、またPER(株価収益率)の実践的な使い方についてご説明しました。今週は、そのPERの応用範囲を広げて、 […]

by

続きを読む

3/17

PBRとPERの実践的な使い方

PBRとPERの実践的な使い方

前回はPERを検討しました。今回は、PBRを検証し、その応用方法を探っていきます。そのうえで、改めてPERについても、実践的な使い方をご紹介します。 PBRと解散価値 PBR(株価 […]

by

続きを読む

3/10

RERの使い方と意外な意味

PERの使い方と意外な意味

ここまで、株式を分析する指標を見てきましたが、それを投資にどのように役立てていけばよいのかを具体的に考えてみます。今回はPERを検討しますが、その結果として、次の仮説にたどり着きま […]

by

続きを読む

3/3

頼れる配当利回り

頼れる配当利回り

今回のコラムでは、配当利回りについてお話します。配当利回りといえば、配当を目的に投資を行う「配当狙い」という言葉を連想する方が多いでしょう。この投資法は正解なのか? 以下で、詳しく […]

by

続きを読む

2/24

バリュー投資の第一歩です

バリュー投資の第一歩です

この連載ではこれまで、株式投資のために知っておきたい投資指標として、EPS、PER、ROEをご説明しました。これらは、会社の収益(儲け)をもとに、投資の判断をする指標でした。今回は […]

by

続きを読む

2/10

投資銘柄の探し方

投資銘柄の探し方

前回のコラムでは、利益の変化が株価の動きにつながること、したがって株式投資では、利益(一株当たり利益、EPS)の動きを予想することがカギとご説明しました。個人投資家は、会社四季報や […]

by

続きを読む