初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

ネット証券でIPOに当選するための秘訣

ネット証券でIPOに当選するための秘訣

いよいよ、今週から、下記の表のとおり、IPOが再開されますから、公募で獲得した方にとっては待ち遠しいところではないでしょうか。

ビーブレイクシステムズは、6月15日(木)に上場といっても、かなり強い買い気配からはじまることから、個人的に、実際に初値がつくのは翌日の金曜日の後場あたりになるのではないかと予想しております。

今後のIPO上場予定

上場日 銘柄名 コード 市場 仮条件 公開値
07/12 ソウルドアウト 6553 マザ 06/21 06/30
06/30 GameWith 6552 マザ 06/14 06/22
06/30 SYSホールディングス 3988 JQS 06/12 06/21
06/30 ツナグ・ソリューションズ 6551 マザ 06/12 06/21
06/27 Fringe81 6550 マザ 2400-2600 06/15
06/21 エコモット 3987 札ア 2470-2730 06/09
06/15 ビーブレイクシステムズ 3986 マザ 1550-1670 1670

それでは、今回からネット証券においての当選への戦略を考えていきたいと思います。

ポイントサイト経由の口座開設でちょっとお得に

ポイントサイト経由の口座開設でちょっとお得に

その前に、前回、口座開設にあたりは、キャンペーンを活用する旨の記載をしましたが、それ以外にもちょっとした小銭を稼げる手法があります。それは、ポイントサイトを経由するということであります。ポイントサイト?と言われると、よくわからないかもしれませんが、日常生活で使っているスイカやナナコというものとかわりません。ただ、カードの発行がなく、あくまでもPCやスマートフォン上で管理するものになります。
代表的なものとしては、下記があります。

と、このようなサイトに会員登録してこのバナーから入会するだけで4,000円でありますから、前回、掲載したキャンペーンより高額になっておりますので、ぜひ、未開設な方はこのようなポイントサイトを活用することを推奨いたします。

前置きが長くなりましたが、早速、まずは、SBI証券におけるIPO当選の近道やら秘策を経験を含めて、掲載していきます。

SBI証券のIPOチャレンジポイント

SBI証券の最大の特徴はIPOチャレンジポイントになります。

これは、新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売り出しは除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されるというもので、次回以降のIPOお申込時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスになります。つまり、10回応募して、全てはずれれば10ポイントの獲得、100回応募して、全てはずれれば100ポイントの獲得と、とにかく、参加回数分、はずれる度にポイントが貯(た)まるルールとなっております。

実際のIPOチャレンジポイントの増減は下記のルールとなっております。(SBI証券ホームページ引用)

ブックビルディングにご参加いただいたお客様 IPOチャレンジポイントの増減 IPOチャレンジポイントの加減タイミング
ブックビルディングのお申し込みをされたお客様 使用されたポイントを減算 ブックビルディングお申込時
抽選・配分に外れたお客様 使用されたポイントに1p加えた値を加算 抽選・配分終了時
ご当選されたお客様 ご購入された場合/ご購入の意思確認をされなかった場合/購入辞退された場合 使用されたポイントが消失されます
補欠当選されたお客様 ご購入の意思確認をされ、繰上当選となった場合/ご購入の意思確認をされなかった場合/購入辞退された場合 使用されたポイントが消失されます
ご購入の意思確認をされたが、繰り上げ当選にならなかった場合 使用されたポイントに1p加えた値を加算 購入意思確認期間終了時
抽選・配分対象とならなかったお客様 使用されたポイントを加算 抽選・配分終了時

※当社のブックビルディングは、「抽選及び配分時前受金制」となっております。抽選及び配分に際しましては、ブックビルディング時に発行価格以上の価格をご申告をなされた方で、抽選及び配分(買付余力確認)時に「発行価格×最低申込株数」以上の買付余力のあるお客様を抽選・配分対象とさせていただきます。
※ブックビルディングの期間中又は終了後に、当該株式の上場が延期又は中止等になった場合、IPOチャレンジポイントは、一部の例外的措置を除いて増減いたしません。
※ブックビルディング期間中に仮条件が変更となった場合は、「最低申込株数×申告価格」以上の買付余力があるお客様は全て抽選・配分対象となります。但し、抽選・配分(買付余力確認)時に相応の買付余力(応答日:募集最終日が最長受渡日)が必要になります。

参考:IPOチャレンジポイントの増減例

どのくらいのチャレンジポイントが必要になってくるのか

では、一体どれくらいのポイントをためれば、当選確実ラインになるのかというところですが、前述したビーブレイクシステムズになると、私が知る限りの範囲になりますが、おおむね280ポイントから300ポイントが当選ラインとなっておりますから、今、ここで口座を開設して、この当選ラインまでのポイントを稼ぐとなると、おおむね1年でSBI証券のブックビルディングで稼げるポイントが80回(ポイント)から100回(ポイント)になりますから、今から逆算すると、3年近くかかってしまうことになります。

この3年という期間を投資のパフォーマンスということを考えれば、かなり長期になりますし、その当選で得られる公募価格と初値の鞘(さや)の利益が統計的にざっくり20~40万円ということになりますので、少しというかパフォーマンス的に時間がかかり過ぎるというか気の遠い話になり、嫌になってしまうのではないでしょうか。ですから、そのあたりの改善策等をまた次回に記載したいと思います。

追伸

今週末は名古屋、来月は大阪にて講演をします。ご都合がよければご参加ください。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。