初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

2018年IPO投資のゆくえ[第33回]

2018年IPO投資のゆくえ[第33回]

JACK
JACK

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年に入り、IPOのリリースもまだ少ないですが、下記のようにリリースされております。参考までに私の評価も記載しておきます。

銘柄上場日事前評価
世紀(6234)2月8日上場A+
Mマート(4380)2月23日上場
※1月19日現在

ブックビルディングのスタンスとして、実質、新年1発目のリリースは世紀になりますが、公募株数455,400株のうち85%超の387,300株が主幹事の野村証券のシェアとなり、他の幹事証券会社のSMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券においては、わずか3%弱の13,600株しかありません。

さらにはSBI証券、岡三証券、極東証券においては、9,100株の2%しかありませんので、店頭数の規模を鑑みると抽選株数もごくわずかです。

さすがの私も「宝くじと違ってお金がかからない」とか「申し込みにかかる手間はほとんどかからない」とか日頃から言ってはおりますが、証券会社の担当から「IPOが始まりました」とか「とりあえず申し込みだけはしときますか?」など、新年の挨拶や他の発注時の会話が出てこないと、さすがにこちらから世紀の申込みのためだけに電話をすることはありません。となると、狙いは主幹事の野村証券となりますが、こちらについても獲得については厳しいという感が臨めません。

野村証券の支店数は158支店となりますから、単純に1支店あたり2,400株程度となり100株単位で割り替えと24人にしか当選になりません。実際には全てが支店に割り振りされるわけでもなく、ネット口座にも割当があります。さらには法人枠、そして、支店による傾斜配分もあり、店頭支店配分は多いところであっても2,000株、少ないところでは100株、場合によっては0株の割当もあるのではないかと推測しております。

また、新年1発目のプレミアムもあり、初値予想サイトも軒並み高値を予想していることもあり、店頭での獲得はある意味太客か今後新規に太客になれる顧客への配分が高い確率で占めること思いますので、諦めモードとなっております。

とは言っても、さすがに何の申込みもせず、傍観だけは避けたいところでありますので、店頭側の申し込みの受付処理等、一切、手間暇がかからない、野村ホームトレードか野村ネット&コールにて、ブックビルディングだけはしておくところであります。

とここまで分析したのですが、先日、突然の承認取り消しとなってしまいました。詳細な要因はまだわかっておりませんが、今年1発目として期待されていただけに、獲得の有無に限らず残念な結果となっております。

そのような中、正式にはIPOとはいえないとは思いますが、新規のREITもリリースされていることから、こちらも私なりの評価をさせて頂きます。

銘柄上場日事前評価
CREロジスティクスファンド投資法人(3487)2月7日上場B
ザイマックス・リート投資法人(3488)2月15日上場B-
※1月19日現在

こちらにつきましては、REITということから、将来日銀の買い付けがされる銘柄でないことから、初値を含み、IPO並みの高値をつくことは考え難いところであります。

しかしながら、IPOに比べて、個人的には応募をするCREロジスティクスファンド投資法人については、公募株数が203,050株となり、1株108,000円ということから、主幹事のSMBC日興証券日興を中心に応募をすれば比較的、獲得しやすいと考えております。

新規のREIT、あるいは新年1発目ということのプレミアム、そして最近のREIT指数の堅調のところから、初値は公募価格から1万円以上の初値を期待しています。もちろん、2月の地合いの状況が今はわかりませんし、日銀の買い付けはありませんので、初値買いの人気がなく、公募割れになる可能性も否定できません。

その場合においては、100,000円割れから90,000円、80,000円までのセカダンリーでの買い増しで、凌いでいく戦略をとっていくところであります。

そのあたりは、公募値奪回まで、時間がかかることもあるかもしれませんが、正式な分配金予想が出ておりませんので、断言はできませんが、公募価格より単純に2割近く下がるものであれば、配当利回りは6%超になってくるのではないかと考えておりますので、そのままホールドというスタンスでもいいのではないかという判断であります。

もちろん、そのあたりの資金拘束を嫌う方や短期で増やすという観点では妙味が劣りますのでお薦めはしませんが、ある意味、ローリスクミドルリターンという考え方では、狙える銘柄であり、少なくともザイマックス・リートよりは堅調な展開があるのではないかと考えております。

いずれにしましても、今年もIPOにおいては、90社近くが予定されており、待望の大注目されているメルカリのIPOも先日の産経新聞には6月上場の記事が掲載されておりましたし、日本証券新聞においても、10分カットの「QBハウス」や転職サイト大手の「マイナビ」、美容機器の企画開発・製造の「MTG」、さらには、ビットコイン取引所運営の「ビッドフライヤー」が予想されておりましたから、今のうちに、新たな口座開設含め、どの証券会社にどのような配分方法を狙うのか準備をする必要性があります。

また、昨年あるいは2年間近く、IPOの獲得に至らなかった口座については、廃止や移管をこれからのIPOのリリースを考えれば、このタイミングでやるギリギリのタイミングではないかと考えております。

堅調な相場が続いておりますが、今年もIPOにおいても別腹という考え方で切磋琢磨委して1銘柄でも100株でもしっかりと獲得していければと思っております。

なお、週末に下記にて講演を開催します。IPO以外についてもふれていきたいと思いますので、ご都合よければご参加下さい。

次なる投資先!『仮想通貨』『株』『不動産』の行方!? 開催!

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。